スポンサードリンク

韓国旅行はウォン安で本当にお得?観光客はこうして搾取される


ウォン安で韓国旅行が大人気のようです。
韓国通貨ウォン(KRW)の為替レートが暴落したのは、
2009年秋のリーマンショックに端を発する世界同時不況からですが、
日本円換算でウォンの為替レートは以前の半分程度に落ち込んだため、
韓国旅行が安く楽しめるということで、大人気なのです。
ウォンの為替レートが日本円換算で半分になったということは、
単純計算すると同じ円予算で今までの倍の贅沢ができる!
ということになりますので、さぞかし豪華な韓国旅行が楽しめる
と夢膨らます方も多いことでしょう。
でも、ちょっと待ってください!事はそう単純ではないのです。
確かに日本から申し込む際の旅行費用、ツアー代金は
以前に比べ割安になっているかもしれません。
しかし、実際に韓国へ観光旅行へ行ってみると、
為替相場の暴落度合ほど物価が安いとは感じられないはずです。
それは何故か?
以下、2010年6月に実際に韓国の釜山へ旅行した際の実体験を踏まえて
ウォン安がもたらす韓国旅行への影響について探ってみましょう。
ちなみにこの時の為替相場は100ウオン=約8円でした。
結論から言って、ウォン安という為替相場の影響は、
韓国に居住して日常生活を営むのであれば恩恵を受けることができますが、
一般的なツアー旅行客の場合、さほど関係がないと思います。
というのも、一般的なツアー旅行客は、買い物や食事などの際、
外国人観光客を相手にするお店で済ませることになるからです。
こういった外国人観光客相手のお店の場合、地元民がお客でないため
値段や価格の設定は観光客側の国の通貨を基準としています。
つまり、実際の価格はウォン表示なのですが、
韓国国内での価格相場でなく「日本円でいくらなのか」で値段を決め、
それをウォン換算して表示しているのです。
たとえば、今回の釜山旅行の慶州オプショナルツアー料金は、
日本円で一人9,800円でした。
その際に普門で食べた海鮮チヂミは16,000ウォン(日本円で約1,200円)。
梨花汗蒸幕での韓国式エステのあかすり普通コースは日本円で8,500円。
国際市場の骨付きカルビは日本円で一人前約2.000円です。
実は、これらの値段は、今回のウォン安以前の相場と全く変わりません。
ウォン安以前は値段が日本円で倍だった、というわけではないのです。
よくよく考えてみれば、もしそんな法外な値段だったら、
殆どの人は高くて手がだせないですよね?
だから、いくらウォン安だからといっても
必ずしも韓国旅行がお得だという訳ではないのです。
このことはキムチ、韓国のりなどの一般的なお土産も同様で、
価格はウォン表示されていても、日本円に換算すると、
ウォン安以前と値段は全く変わっていないのです。
外国人観光客相手のお店は地元民がお客ではないので、
ウォン安になればそれに合わせて価格を釣り上げたところで
観光客にとっては以前と同様の相場価格なのでクレームにはならないのです。
このようなことから、ウォン安だから韓国旅行でリッチに豪遊できる、
と単純に考えているならば、それは叶わぬ夢になる確率が高いです。
韓国旅行でウォン安の恩恵に与るなら、地元民を顧客としているお店で遊ぶ
ということになりますが、韓国語がよほど堪能であるか、
現地に知人友人でもいない限りは難しいのが現状でしょう。
ウォン安で儲けて得をしているのは、実は外国人観光客ではなく、
現地の観光産業に従事する人々であり、
観光客は為替差益分を搾取されているだけなのです。
裏を返せば、観光業界は自国通貨の暴落で恩恵を受ける産業ともいえるでしょう。
もっとも、自国に外国人観光客を呼び込む観光資源そのものがなければ
全ては絵に描いた餅ということになりますが。
韓国旅行へ行った際に、ウォン安が値段に反映されているかどうかは、
提示価格を日本円換算して2倍してもそれが妥当な値段と感じるかどうか
冷静になって一度考えてみるとすぐに分かると思いますよ。
もしそれが現地相場の価格だとしたら、ウォン安以前は
日本円に換算して確かに2倍の値段だったはずなのですから。
| 韓国

釜山梨花汗蒸幕で伝統的韓国式エステとあかすり体験


釜山旅行の際に伝統的韓国式エステの汗蒸幕を体験しました。
韓国といえば韓国式エステ、韓国式のあかすりが有名ですが、
垢すりの前に汗蒸幕という韓国伝統のサウナに入るのが正式です。
汗蒸幕は15世紀頃の文献に出てくるほど古い歴史を誇るサウナで、
松の木の強い火力で幕の内部温度を上昇させ、
一定温度になったところで水をかけて火を消すという作業の繰り返しで
汗蒸幕の中の空気の加熱や加湿を行います。
汗蒸幕によるエステは韓国女性の美容健康法として昔から行われており、
韓国女性の肌の美しさはこれに由来するともいわれています。
わたしが汗蒸幕体験をしたのは、釜山市の郊外の小高い山の上にあり
釜山最大の1320坪という広さを誇る梨花汗蒸幕です。
最近では住宅事情等から電気釜を使う汗蒸幕が多い中で、
ここ梨花汗蒸幕は伝統的な松の木の強い火力を用いる本式の汗蒸幕です。
釜山市内から車で約20分ほど、途中からは本当に急な坂道の斜面を登り
人気も少ない小高い山の上に梨花汗蒸幕はありました。
釜山梨花汗蒸幕.JPG
梨花汗蒸幕の韓国式エステには色々なコースがありますが、
汗蒸幕〜垢すり〜足裏マッサージという標準コースを選択。
値段は日本円にして約8,500円です。
さて、韓国伝統のサウナである汗蒸幕ですが、
専用のTシャツと短パンに着替えた上で専用のマントを羽織り
頭と顔を覆うタオルを首に巻いて汗蒸幕の中に入ります。
汗蒸幕への入口は狭く、這いずって入る形になります。
汗蒸幕の中は石造りになっていて、ピラミッド状の円錐形です。
そして、内部はとてつもなく暑い、いや熱いです。
汗蒸幕内部の空気の熱さは、はっきり言ってサウナの比ではありません。
口、鼻、眼球の粘膜が焼けるのでは?と思うほど熱く、
タオルで顔を覆って保護しないではいられない熱さなのです。
この熱さにははっきり言ってある意味「死の恐怖」を感じました。
それでも少しすると熱さにも慣れてはきましたが、
薄暗い石造りの汗蒸幕の中に座っていると、
もしかしてこのまま焼け死ぬのでは?という恐怖心が芽生えてきます。
途中休憩を挟んで2回汗蒸幕で汗を流しましたが、
元来サウナが苦手なこともあってか、心身ともに少々ぐったりです。
ただ、汗は恐ろしいほどに出ますよ、内部はとにかく暑いですから。
サウナ好きには汗蒸幕はたまらない空間なのではないでしょうか。
汗蒸幕の次は韓国式あかすりです。
ゴシゴシ擦ってもらうと垢が出るわ出るわ…
自分の身体にこんなに垢が溜まっていたのかと思うとちょっと複雑です。
垢すりの後は韓国式足裏マッサージをやってもらいましたが、
韓国式足裏マッサージはどちらかというとソフトなマッサージで、
台湾やマレーシアなどの中国式と比べ痛みはほとんど感じませんでした。
汗蒸幕による韓国式エステ〜韓国式あかすりを初体験しましたが、
肌がすべすべになったのは勿論、加齢臭が気にならなくなりました。
そういえば、普段の入浴でしっかり垢を落としてなかったよな、
と反省しているところです。
日本にも韓国式あかすりをやってくれる所はあるようなので、
加齢臭防止のためにも定期的に通ってみようかと考えています。
| 韓国

釜山で焼肉|絶品骨付きカルビを焼き塩で食す


韓国が焼肉の本場というのは誰もが知るところですが、
本場韓国の焼肉が日本人の口に合うのか?というと
色々と意見が分かれるところではないでしょうか。
実際、以前にソウルへ旅行した際に食べた焼肉の味は
日本人のわたしにとっては、ちょっと甘すぎるというか
タレの味付けがしつこかったような気がします。
日本人としては素材の肉の旨みを前面に出してほしい
というのが偽らざる心境です。
さて、そこで今回の釜山旅行の際の焼肉ですが、
そうはいってもやはり韓国に旅行へ来たなら
とりあえず焼肉は食べておきたいよね!ということで、
ガイド推薦の国際市場の焼肉店へ行って見ました。
韓国の焼肉といえば、何と言っても骨付カルビですが、
骨付きカルビ塩1.JPG
このお店は一般的なタレに漬け込んだ骨付カルビの他、
味付け無しの骨付カルビを焼いて焼き塩を付けて食べる
という日本人の心をくすぐるメニューがあります。
焼肉の味の良し悪しは、肉質とタレで決まると思いますが、
タレの味付けが濃すぎると肉の味が分からなくなります。
その点、味付け無しで焼いた骨付カルビを塩で食べる
というのは、まさに素材の味のみで勝負する
ごまかしのきかない王道の焼肉調理法といえるでしょう。
骨付きかルビ塩2.JPG
そして、この釜山国際市場の塩で食べた骨付カルビは、
炭火でニンニクと一緒に味付けをしていない骨付カルビを焼き、
自家製の焼き塩を付けて食べるというシンプルな調理法ですが、
肉は熟成が効いていて肉汁と旨み成分が口中に広がる絶品の味。
やはり、焼肉は余計な味付けはせず、
シンプルに肉の旨みのみを味わうのが王道と思います。
思えばTボーンステーキ、ビアステッカなど
肉料理のグリルの王道は全てこのスタイルですね。
釜山に行ったら、是非、塩で食べる骨付カルビを試してみてください。
ちなみにお店は国際市場の周辺のビルの確か4階で、
お店の名前は「牛田カルビ専門店」という名前です。
日本人観光客には有名なお店ということで、
ママは若く日本語が堪能で中々の美人でした。
| 韓国

韓国慶州石窟庵〜仏国寺〜天馬塚ツアー体験記


慶州(キョンジュ)は釜山と同じく韓国東南部地域にあり、
新羅王朝の都としておよそ千年間栄えた歴史ある街です。
慶州は釜山から車で1時間ほどの距離ですので、
釜山旅行の際にオプショナルツアーで出かけてみました。
慶州オプショナルツアーは、世界遺産である仏国寺や石窟庵、
天馬塚、国立慶州博物館などを巡る日帰りツアーで
海鮮チヂミの昼食付きでツアー料金は9,800円です。
今回の慶州日帰り観光で最初に訪れたのは、
世界文化遺産にも指定されている石窟庵(ソックラム)です。
石窟庵入口.JPG
石窟庵入場口から山道を20分程度ハイキング気分で歩くと
仏教美術史上最高の傑作とされる釈迦如来像が鎮座する
石窟庵に辿り着きます。
石窟庵.JPG
石窟庵の釈迦如来像は、花崗岩を丸彫りにした
高さ3.26mの見事な釈迦如来像ですが、
参拝者がどの位置から釈迦如来像を見ても
自分が釈迦如来の瞳に直接見つめられているように見える
という不思議なものです。
石窟庵内は残念ながら撮影禁止のため
釈迦如来像は撮影することができませんでした。
石窟庵下.JPG
次に訪れたのは石窟庵と同様に世界文化遺産に指定され、
新羅文化の完成度を今に伝える仏国寺です。
本堂に至る途中には四天王像も鎮座していますが、
やはり色使いなどが微妙に日本とは違って興味深いところです。
仏国寺四天王1.JPG
仏国寺四天王2.JPG
仏国寺の境内には多くの仏閣が建立されており、
それらの均整のとれた姿や石造技術の精巧さは
新羅文化の完成度を今に伝えるものとして際立っています。
仏国寺1.JPG
仏国寺2.JPG
慶州オプショナルツアーの昼食は、
リゾート地としても有名な普門(ポムン)リゾートで
石焼ビビンバと海鮮チヂミを食べました。
普門リゾートは、湖畔に高級ホテルやマリーナ、ゴルフ場、
ショッピングセンター、コンベンションホールが立ち並び、
国際サミットも開催された総合リゾート地です。
昼食の場はその街角のビルの2階にありました。
普門リゾート雑居ビル.JPG
普門リゾート海鮮チヂミ屋.JPG
普門リゾートで食べた石焼ビビンバと海鮮チヂミですが、
石焼ビビンバは日本でも美味しいものが手軽に食べられますが、
美味しいチヂミは中々見つけることができないと思います。
チヂミは日本で何度も食べたことがありましたが、
何か粉っぽいというか、特に美味しいとは感じませんでした。
その点、普門リゾートで食べた海鮮チヂミは、
絶妙の生地の配合具合でしっとりとして粉っぽさは微塵もなく、
まさに感激の美味しさでした。
これが韓国本場のチヂミの味ということなのでしょうか。
絶品海鮮チヂミ.JPG
昼食の後は、天馬塚を含む23基の古墳群を整備した
古墳公園の大陵苑(テルンウォン)を訪れました。
天馬塚は内部が見学できるようになっており、
出土品のレプリカが展示されています。
園内は芝生に覆われた古墳が波打つように並んでいて、
古墳群のスケールには圧倒されるばかりです。
古墳公園の大陵苑.JPG
これら古墳群からの出土品が展示されているのが
国立慶州博物館です。
先史時代から古新羅、伽耶文化圏、統一新羅に至る
様々な文化遺産が多数展示されていて、
天馬塚から出土した黄金の冠や宝剣などが
時代を超えたいにしえの光を放っていました。
天馬塚出土品.JPG
また、屋外にも韓国最古で最大の鐘といわれる
聖徳大王神鐘(ソンドクテワン・シンジョン)や
石仏、石塔など見所も満載です。
特に聖徳大王神鐘は、幼い少女の命と引き換えに完成した
という鋳造過程の悲話も語り継がれているものです。
聖徳大王神鐘.JPG
このように慶州は歴史的建造物など見所満載で
釜山からも手軽に訪れることができますので、
釜山旅行の際は是非、足を伸ばしてみてください。
日本文化にも大きな影響を与えた新羅文化の息吹を
きっと肌で感じることができると思いますよ。
| 韓国

釜山海鮮料理と焼酎など韓国の食べ物飲み物事情


釜山は韓国随一の港町だけあって海鮮料理が有名です。
釜山国際市場やジャガルチ市場には、水揚げされた魚介類が並び
その場で刺身にしたり調理して食べることもできます。
釜山の海鮮料理も、タイ、ヒラメ、アワビ、イカ、タコなど、
日本とほぼ同じ種類の魚介類が好んで食されているようです。
わたしが釜山海鮮料理を食べたお店は、団体ツアー向けの店なので、
刺身の盛り合わせなどは日本のものと全く変わりませんだした。
釜山海鮮料理.JPG
韓国釜山らしさを感じたのはタコの刺身で、
生きたタコの足をそのままぶつ切りにしてタレと和えただけのもので、
吸盤が口の中で吸い付いてきます。
こういったタコの刺身は採れたての新鮮さがなければ無理なので、
まさに港町釜山ならではのものといえるのではないでしょうか。
釜山タコ刺身.JPG
釜山の海鮮鍋は魚介類と野菜を鍋で煮たものに
韓国風の辛いタレで味付けをするというものです。
釜山海鮮鍋.JPG
出汁の決め手は渡り蟹のようですが、味は良く覚えていません。
というのも、韓国流の焼酎の飲み方にやられてしまったからです。
韓国は焼酎を氷、水、お湯などで割って飲む習慣がありません。
韓国式の焼酎の飲み方はストレートです。
その分、度数は19度くらいと日本よりも低いのですが、
焼酎をストレートで飲み続けるというのは日本人にはきついです。
そのうえ困ったことに、韓国の水道水は日本人には合わないので、
へたに氷や水で割ろうものならお腹を壊してしまいます。
韓国へ行ってお腹を壊す人が多いのは、
気付かないうちに氷や水を飲んでしまっているからかもしれません。
それから、屋台料理は梅雨〜夏の時期は気を付けた方がいいです。
屋台の海鮮料理で当たったという話を良く聞きますので、
刺身やケジャンなどの火を通さない料理は避けた方がいいでしょう。
| 韓国

釜山の気候と急勾配な坂に囲まれた港町の地形


釜山旅行をしてまず感じたのは、坂の多さです。
しかもその坂のほとんどがものすごく急勾配なのです。
釜山は急勾配な坂に囲まれた港町のようで、
平坦な部分は港周辺の僅かな面積だけです。
恐らく釜山を海側から見たら、崖にへばりついた港町
という感じなのではないかな、と思います。
釜山国際市場周辺.JPG
釜山市内の坂の勾配のきつさは本当に激しくて、
歩いて登るのもやっとという感じです。
画像だとたいした坂ではないと感じるかもしれませんが、
これは坂の途中から撮った画像なので、
実際の坂はこの画像の2倍以上の距離があります。
釜山の街中いたるところでこんな坂道が延々と続いているのです。
釜山市内の急坂.JPG
これら釜山市内の急坂を自転車で上るのは殆ど不可能に近いので
釜山市内で自転車は殆ど見かけることはありませんでした。
そのようなわけで、釜山市内での移動手段は、
徒歩か動力付きの乗り物に限られるようなので、
それはそれで生活としては大変なんだろうなと感じます。
釜山タワーから釜山市内展望.JPG
釜山は三方を海に囲まれ、地形的には日本と似ているようですが、
朝鮮半島と中国大陸が繋がっているため
大陸性の気候の影響を相当受けているとのことです。
従って、日本に比べ湿度が低く比較的爽やかな陽気です。
冬も三寒四温の状態が続くとのことで、寒さも比較的穏やかです。
そういった意味では、釜山は暮らしやすい気候といえるのかもしれません。
| 韓国

コモドホテル釜山と韓国ホテルの備品事情


コモドホテル釜山(Commodore Hotel)は、南浦洞にある特2級ホテルで
釜山のランドマーク的な独特な東洋的外観を持つホテルです。
コモドホテルは韓国伝統の建築様式を採用しており、
遠くから見るとまるでお城のような素晴らしいものですが
実は、屋根の形状は思ったような韓国伝統の形にならず、
中国風になってしまって失敗作だ、と韓国人ガイドが嘆いていました。
そのあたりの微妙な形状は日本人の私にはよく分かりませんが、
コモドホテルが魅力的な外観のホテルなことには間違いないと思います。
コモドホテル釜山.JPG
コモドホテル釜山は、龍頭公園、国際市場やジャガルチ市場で有名な
南浦洞商業地区、ショッピング地区と隣接しているので、
滞在はもちろん観光にもとても便利な立地だと思います。
コモドホテル釜山は、外観だけでなく内装も韓国伝統の趣向が凝らされ
客室内も木目調のシックな内装の中に韓国独特のセンスが生きています。
コモドホテル釜山室内1.JPG
最近の韓国は、地球環境問題にも真剣に取り組んでいるようで、
消耗品のホテル備品は殆どのものが法律で有料化されています。
コモドホテルのような一流ホテルでもそれは同様で、
部屋に備え付けの歯磨き、歯ブラシなどは有料なので、
洗面具のセットは日本から持っていった方がいいでしょう。
但し、歯磨き粉などの練り物は機内持ち込みの場合は液体扱いなので、
液体物の機内持ち込み制限ルールには気をつけてください。
液体物の機内持ち込みは、たとえ中身の量が残り少なくても、
容器自体の容量が制限を越えていたら没収になりますので。
コモドホテル釜山室内2.JPG
なお、コモドホテル釜山では、石鹸、シャンプーは
部屋に備え付けのものが無料で使えました。
このあたりもホテルによって異なるかもしれませんので、
事前に確認が必要だと思います。
| 韓国

釜山市内観光とBBクリームはどこが安いのか?


釜山旅行へ2泊3日で行ってきましたので、その記録をしたためます。
韓国旅行は最近のウォン安で特に人気が高いようですが、
ソウルと並んでの韓国旅行の人気先である釜山は、
韓国の南の玄関口として日本からのアクセスも便利なため、
昔から日本との交流も盛んだったようです。
釜山を地図で見ると、ほとんど福岡と隣接しているという感じですし、
実際に福岡〜釜山のフェリー便も就航していますので、
釜山は韓国の中でも最も日本に身近な都市ともいえるでしょう。
成田から釜山空港行きのJAL便に乗り、約2時間で釜山到着です。
所要時間的にも、国内旅行と変わらないので飛行機疲れはありません。
釜山空港かせ釜山市内までは車で所要時間約40分ほどです。
ホテルチェックインまでの間は釜山市内観光ということで、
まずは釜山タワーで有名な龍頭山公園を訪れることになりました。
龍頭山公園のドラゴン.JPG
龍頭山公園には、釜山市内や釜山港を一望できる釜山のランドマーク
地上約120mの釜山タワーがあります。
釜山タワー.JPG
龍頭山(ヨンドゥサン)公園は釜山南部の繁華街・南浦洞にも隣接し、
商店街からエスカレータで登ることもできます。
龍頭山公園は龍頭山の標高180mという高台にあるため、
地上約120mの釜山タワーから一望する釜山市内、釜山港、影島の眺めは
なかなかの絶景で、天気がよければ対馬も見えるということです。
釜山タワーから見下ろす釜山港.JPG
釜山タワーから釜山市内展望.JPG
釜山市内に入り最初に訪れたのはお決まりのロッテホテル免税店です。
釜山ロッテホテル内にはセブンラックカジノもあり、
カジノやスロット、ポーカーなどのゲーム好きなら楽しめるでしょう。
ちなみに、カジノの中は写真撮影は禁止ですので注意してください。
釜山カジノセブンラック.JPG
セブンラックのスロット.JPG
免税店では今流行りのBBクリームも、HANSKIN(ハンスキン)や
Missha(ミシャ)、パーフェクトBBクリームなど多数ラインアップされています。
しかし、もしMissha(ミシャ)のBBクリームを買うのであれば、
成田空港もしくは釜山空港の免税店の方が値段が安いです。
釜山国際市場.JPG
次に訪れたのは、釜山の台所ともいうべき国際市場です。
国際市場はソウルの南大門市場と同様、巨大なアメ横という感じで、
市場好きな人にはたまらない散策スポットでしょう。
屋台はもちろん食料品から雑貨まで何でも雑多に揃っています。
もちろん、ルイジ(類似)・ヴィトンを始めとする
偽ブランド品も嫌というほど所狭しと並んでいますので、
冷やかしのネタには事欠きません。
釜山国際市場周辺.JPG
釜山市内観光を終え、宿泊ホテルのコモドホテルにチェックイン。
ホテルの様子などは次回以降に続きます。
| 韓国
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。