スポンサードリンク

トルコカッパドキア岩窟群の光景は超古代文明核戦争の名残なのか?


トルコの世界遺産で人類の歴史上でも様々な憶測を呼んでいるのが
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群です。
このトルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は
トルコ中部のネヴシェヒール地方のアナトリア高原にあります。
この場所には4世紀頃、ローマ帝国の迫害から逃れた
異端とされた初期キリスト教徒たちが隠れ場所として使用するため
横穴式の岩の修道院や教会を作ったことでも知られており、
その数は360にも上ると言われています。
キリスト教徒により建立された聖堂も多数存在し、
聖堂の中にはビザンチン様式のフレスコ画と呼ばれる壁画が
今も色鮮やかなまま残されていて、貴重な歴史遺産となっています。
また、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、
オオカミやキツネといった野生動物も多数生息しており、
100種類以上の野生植物も自生してることから、
貴重な動植物の生息地としても知られている場所です。
カッパドキアの岩窟群は摩訶不思議な奇岩が織りなす光景でも知られ
この奇岩の群れのカッパドキアの岩窟群がどのようにしてできたのか
ということが議論を呼んでいるのです。
一般的には、カッパドキア岩窟群の奇岩は、
エルジェス山、ハサンダウ山の噴火による灰石が風化・侵食を繰り返し
時間が経過することにより形成されたといわれています。
しかし、この奇岩群の形成は核爆発により起こったという説もあり、
古代人類は核戦争で一度滅んだという仮説を立てる方もいます。
カッパドキア岩窟群の奇岩がどのようにしてできたのかについては
その真相は闇の中ですが、様々な憶測や仮説を呼ぶほどに
カッパドキア岩窟群の光景は摩訶不思議な前代未聞の風景なのです。
ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群を訪れたなら、
古代太古の人類が作りだしたまだ見ぬ超古代文明に
思いを馳せてみるのもロマンがあっていいと思いませんか?

ビザンティン様式の粋を伝えるトルコイスタンブール歴史地域


トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域は、
トルコ最大の都市イスタンブールの旧市街にある歴史的に意義の深い
歴史建造物群のことを指しています。
1985年に世界遺産として登録されたトルコのイスタンブール歴史地域は、
古代ギリシァ文明にも関係の深い地としても有名な場所であり、
ローマ帝国、東ローマ帝国、オスマン帝国という
三つの強大な世界帝国の中心地として栄えた歴史の深い都市として
まさに世界遺産としての認定が相応しい場所といえます。
イスタンブール歴史地区は、地理的にアジアとヨーロッパの中継地点にあり
黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡のヨーロッパ側にある半島に位置するため
古代より海上交通の要衝として栄えた土地です。
イスタンブール歴史地区に作られた最初の都市は、ギリシァ人入植者による
ビュザンティオン(ビザンチウム、ビザンチン)でした。
その後、ローマ帝国のコンスタンティヌス1世によりローマに代わる首都として
コンスタンティノポリス(コンスタンチノープル)と改名され、
オスマン帝国支配下ではビザンティン様式のトルコ・イスラム建築が
数多く建立されたことで、モスクのミナレットと大ドームが林立する
イスタンブール歴史地域の美しい景観がはぐくまれていったのです。
トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域がある場所は
現在はトルコ最大の商業都市として、博物館や教会、モスクや市場など、
多くの魅力あふれる地区として賑わっています。
イスタンブール歴史地域は、遺跡公園地区、
スレイマニエ・モスクと付属保護地区、イスタンブール大城壁地区、
ゼイレク・モスク(旧パントクラトール教会)と付属保護地区
という四つの保護地区から成り立っており、
トプカプ宮殿などの宮殿や数々のモスク、 テオドシウスの城壁や、
カーリエ博物館でビザンティン様式の素晴らしさを堪能できます。
現在では、トルコの世界遺産イスタンブール歴史地域へのツアーも
日本で色々と企画されており、東方文明の魅力を知る旅として
多くの日本人観光客がイスタンブールを訪れているようです。
イスタンブールは、歴史的建造物群だけでなく、
自然が織りなす風景も大変素晴らしい風光明媚な場所としても知られ、
夕暮れのボスポラス海峡から見える夕日の光景がとても素晴らしく
訪れる多くの観光旅行者を魅了しています。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。