スポンサードリンク

新婚旅行の費用の相場と計画の際のポイント


新婚旅行は結婚して初めての2人だけの旅行ですし、
一生に一度だけの大切な時間を過ごす旅行ともいえるものです。
新婚旅行は2人の記念として、いつまでも心に残る大切な旅行ですから、
できることならハネムーンは思いっきり贅沢に過ごしたい
と多くの新婚カップルが思っているのではないでしょうか。
しかし、ハネムーンを豪華にと考えた時に問題になるのは、
新婚旅行にかかる費用だと思います。
結婚するとなれば、挙式や披露宴、新生活を始める部屋や家具など、
さまざまな点で多くの費用がかかりますので、
新婚旅行を贅沢に楽しみたいといっても
金銭的に余裕があるとは限りませんよね。
限りある予算をやりくりして新婚旅行を思い出深い旅にするためには、
新婚旅行にかかる費用の相場を知った上で、
事前に資金計画を立てておく必要があるでしょう。
それでは、新婚旅行にかかる費用は一体どれくらい必要なのでしょうか?
新婚旅行の費用は、新婚旅行の行き先や滞在期間、
旅先での過ごし方などでかなり必要な額が違ってきます。
しかし一般的な相場として、
どのくらいの費用が新婚旅行に必要かというと、
新婚旅行が国内旅行の場合、おおよその金額としましては、
15万円から60万円ほどになるようです。
新婚旅行が海外旅行の場合は必然的に必要な金額も高くなり、
だいたい150万円から200万円ほどが相場のようです。
また、最近の傾向として、新婚旅行を海外へと考えているカップルは、
挙式も海外で行なって、新婚旅行を兼ねてそのまま現地に滞在する、
あるいは、挙式地の周辺へ新婚旅行に出かける、
というケースも多いようです。
その際、海外挙式に同行した両親にも観光旅行をプレゼントする
という親孝行な事例もあります。
いずれにしても、新婚旅行には
相当なまとまった金額が必要になりますので、
新婚旅行の計画は、挙式の3ヶ月前には立てておいた方がいいでしょう。
新婚旅行を含む結婚にかかる費用をどう配分するかについては、
夫婦としての生活姿勢が反映されるものでもありますので、
今後の生活設計を占う意味でも重要なポイントになるでしょう。
2人で良く話し合って、お互いが納得できる方針を得ることが
新生活のスタートとして大切になると思います。

イタリアこそヨーロッパ方面人気No.1の新婚旅行先


ヨーロッパ方面で最も人気の高い新婚旅行先といえば、
やはり何といってもイタリアですよね。
イタリアといえばローマ帝国時代の遺跡はもちろん、
ルネッサンス発祥の地として芸術の香りも高く、
近年ではファッションやブランドなど
流行最先端デザインの集積地でもあります。
また、パスタやピザに代表されるイタリア料理も
日本人の口に合う外国料理として人気が高いですから、
グルメを楽しむ旅にもぴったりですよね。
イタリアといえば、長靴の形をしたイタリア半島が有名ですが、
国土が南北に細長いので、ひとくちにイタリアといっても
その土地土地で、表情がまったく異なります。
そういった意味では日本と似ているかもしれませんね。
ですから、イタリアでの新婚旅行をどのような行程で楽しむか
によって、イタリア旅行は様々な違った表情を見せてくれるでしょう。
ですから、地域性豊かなイタリアの地域事情をじっくりと調べて、
どんな新婚旅行にしたいのかを検討してみるといいでしょう。
まず、ブランド物などショッピング派のあなたなら、
イタリアでは世界の有名ブランドから伝統工芸までがそろっている
ミラノなどでショッピングを楽しむことができますよ。
それから、世界遺産をめぐってみたいという歴史や遺跡ファンなら、
ローマへ足を運ぶとよいと思います。
美術を堪能するならば、ルネサンスの街フィレンツェははずせませんね。
イタリアの美しい街並みを楽しみたいのであれば、
水の都ベニス、ベネチアで憧れのゴンドラ観光をする
というのもいいでしょう。
ロミオとジュリエットの舞台となったピサの斜塔のある
ベローナも一見の価値ありますし、
世界三大美港と呼ばれているナポリや、
ポンペイ遺跡、青の洞窟で有名なカプリ島、シチリア島など
イタリアは、まさに見所が満載の
まるでいろんな宝が詰め込まれている宝箱のような素敵な国なのです。
また、イタリアでは、人々の陽気な明るさも魅力のひとつです。
イタリア人気質はラテン系特有の陽気さと人懐こさで、
訪れる旅人を幸せな気分にしてくれるといわれていますよ。
イタリア料理も忘れてはいけないポイントですよね。
地域ごとに様々な特徴のあるイタリア料理ですが、
素材を生かした調理法は日本人の味覚にも合うと思います。
グルメも堪能できるのがイタリア旅行の素晴らしいところです。
なんと言っても旅の楽しみは、食事の美味しさが
大切な要素をしめていますからね。
美味しいイタリア料理とイタリアワインを楽しんでください。
野菜や魚介類をふんだんに使ったパスタやピザなどのイタリア料理は
日本人の口に合うということで大人気です。
新婚旅行で本場イタリアンの美味しさを2人で思い切り堪能する
というのも思い出深い旅行になるのではないでしょうか。
それからイタリアといえば、サッカー、カルチョの国です。
サッカーが好きの2人なら、世界最高峰サッカーリーグのひとつ
セリエA観戦という楽しみ方もありますよね。
このようにイタリア旅行は一度や二度では楽しみつくせないほど
本当に多くの見所や楽しみどころが満載ですので、
どんなイタリアを楽しむのかしっかりとプランをたてて、
イタリアでの新婚旅行をたっぷりと満喫してきてくださいね。

オーストラリアへの新婚旅行はEasy Goingで大自然を満喫


新婚旅行の行き先としてオーストラリアを選ぶ新婚カップルも多くなり、
海外の新婚旅行先としてオーストラリアの人気が高まっています。
海外の新婚旅行先でオーストラリアの人気が高い理由のひとつとして、
日本との時差がほとんどないことも理由のひとつでしょう。
時差ボケというのは思っている以上に身体の負担となるので、
新婚旅行での余計なストレスは避けたいと考えている方にとっても
オーストラリアは新婚旅行先として好んで選ばれているようです。
オーストラリアへの旅行で注意すべき点は、南半球の国ですので、
北半球の日本とは季節が逆になっているということです。
また、赤道直下から南極圏近くまで非常に広大な国土を持つ国なので、
旅行する都市や地域によっても気候などが大きく異なります。
従って、新婚旅行先がオーストラリアに決まったなら、
まずは旅行へ行く時期と目的地の気候を調べることが大切ですよ。
例えば、シドニーは11月〜2月の夏が、
また、ケアンズは雨が少ない9月〜11月がベストシーズン
といわれるように、エリアによって旅行シーズンが異なるからです。
さて、オーストラリアに旅行に行ったなら、世界最大の珊瑚礁、
世界遺産グレートバリアリーフでのダイビングやシュノーケリングは、
是非楽しみたいところですよね。
但しオーストラリアはサメによる被害が多い地域で、
最近も鮫被害が頻繁に報告されていますので、
マリンスポーツの際は現地ガイドやライフセーバーなどの情報に
よく注意して海に入るようにしてくださいね。
また、オーストラリアへの新婚旅行ということであれば、
世界最大の一枚岩エアーズロックに沈む夕陽を
実際にこの目で見てみたい、と誰もが思うのではないでしょうか。
このように、雄大でほとんど手つかずの大自然が
何といってもオーストラリアの最大の魅力です。
せっかくの新婚旅行で訪れるなら、このオーストラリアの大自然を
満喫する時間も十分取りたいところですよね。
それから、オーストラリアと言えば可愛い動物も見逃せませんよ。
中でも可愛らしいコアラとカンガルーが有名ですよね。
せっかくですからコアラを抱っこして写真を撮りたいところですが、
コアラを抱いての写真撮影は州によっては禁止されていて、
ブリスベンのローンパインコアラ保護区では
コアラを抱いて写真撮影できますが、
ニューサウスウェールズ州では
コアラを抱いての写真撮影は禁止されていますから、
そういった現地情報にも注意を払ってください。
オーストラリアにはそれ以外にも、
ウォンバットやタスマニアンデビルなど
オーストラリア固有の特徴ある動物が生息していますし、
メルボルン郊外のフィリップ島では
体長わずか30cmほどの野生のリトル・ペンギンの大軍が、
日没とともに海から陸上の巣へ戻ってくる「ペンギン・パレード」の姿を
観察することができて観光客に大変な人気となっています。
オーストラリアは国民性にも特徴がありますよ。
Easy Goingを信条とするオーストラリア人はとにかく大らかです。
英語は訛りの強いオーストラリア独特の発音によるもので
オージーイングリッシュと呼ばれています。
オージーイングリッシュはヒアリングに相当苦労しますけど、
Easy Goingで気にせずコミュニケーションするのがオージー流ですよ。
日本の22倍の広さを誇るオーストラリアへの新婚旅行では、
雄大な大自然と、南半周、南十字星という
日常生活を離れたオーストラリアのシチュエーションが、
あなたの新婚旅行を忘れられない一生の宝物にしてくれることは
間違いないでしょう。
一生に一度の新婚旅行ですから、是非オーストラリアの素晴らしい自然を
思う存分に満喫してきてくださいね。

新婚旅行先の定番人気No.1は何と言ってもハワイです


新婚旅行の定番といえば何と言ってもハワイが一番人気です。
新婚旅行を海外で過ごすならハワイで、という
新婚カップルも多く、ハワイの人気は、今も昔も健在です。
一方で、海外旅行が当たり前のこととなった最近では
今さらハワイなんて…と思う方もいるようです。
でもちょっと待ってください!
もし、イメージや先入観でそう思っているのだとしたら、
ハワイの魅力についてもう一度考えてみた方がいいですよ。
かくいうこのわたしもそう思っていたひとりなのですが、
新婚旅行で初めてハワイを訪れて以来病みつきになり、
完全なハワイ中毒、リピーターになってしまったのですから。
ハワイの素晴らしいところは、リゾート観光地としての完成度と
素晴らしく美しい手付かずの自然環境が同居していて、
そのどちらもストレスなく楽しめるところだと思います。
毎年多くの方がハワイを訪れ、その中の多くの人が
ハワイを愛してやまないリピーターというのも、
そういったハワイならではの魅力が人を惹き付けるからでしょう。
ハワイまでの行程は、日本から飛行機で7時間程ですから、
時差はあるにしてもそれほど日本から遠いわけでもなく、
時間的にはちょうど良い海外旅行先ではないかとも思います。
ハワイは、青くて広くて美しい海と、緑豊かな渓谷、
そして火山などの神秘的な風景と、
観光地でありながら、大自然がいまだ残る島でもあります。
また、日本人にとって一番嬉しいのは、日本語が通じることです。
ハワイは古くからの移民の子孫の日系人も多いですし、
日本人観光客が多く訪れることから、ある程度日本語が通じます。
そういった意味で、この新婚旅行がはじめての海外旅行、
という人でも、安心して観光旅行が楽しめるのです。
不慣れな海外旅行でのストレスが成田離婚に通じるということも
よく聞かれますが、ハワイ旅行ならその心配もないでしょう。
ハワイの美しい海ではシュノーケリングやダイビングを体験したり、
バナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しんだり、
また海に沈む夕陽を眺めながらゴルフをしたりと、
ハワイの自然を満喫しながら充実した時間を過ごすことができます。
最近では、新婚旅行でホノルルマラソンに参加する、
というアクティブな新婚カップルの方もいるようですよ。
さて、ハワイに新婚旅行のもう一つの楽しみとしては
ショッピングも忘れてはいけませんよね。
ハワイにはDFSギャラリアなどの世界の一流ブランドショップや、
大型ショッピングモールがひしめいているのですが、
それだけでなく、ハワイの雑貨なども品数豊富でしかも可愛いので、
お土産選びも迷ってしまうくらい楽しくなりますよ。
アウトレットモールなどもあって、ショッピングだけでも
滞在期間が足りないというくらい目移りしてしまうほどに
ハワイでのショッピングは本当に充実しています。
また、せっかくの新婚旅行ということですから、
ちょっと贅沢して高級リゾートホテルに泊まるのもいいのですが、
コンドミニアムを選んで、自炊したりしながら過ごすのも楽しいものです。
ハワイには「隠れ家」的なリゾートホテルもあって人気がありますね。
このように、ありとあらゆる旅行者のニーズに応えられる
完成されたビーチリゾートがハワイの一番の魅力でしょう。
ハワイでの新婚旅行は非常に楽しめると思いますよ。
新婚旅行を検討していらっしゃる方は、新婚旅行先として
イメージや先入観にとらわれずにハワイも検討してみて下さいね。
ハワイの美しい自然と暖かなホスピタリティが、
きっとあなたを優しく迎えてくれることと思います。
ハワイについては多くの記事を書いていますので、
よかったら参考にしてみてくださいね。
 ⇒ ハワイ・ワイキキのビーチリゾート特集
 ⇒ ハワイでの食事・ローカルフード特集
 ⇒  ハワイ・タイムシェア・リゾート特集

新婚旅行を一生に一度の大切な思い出にするならタヒチツアーへ


一生に一度の新婚旅行を大切な時間を思い出深いものにするなら、
新婚旅行代金は高めになりますが、タヒチに行かれることをお勧めします。
タヒチの正式名称はフランス領ポリネシアで、フランス領であるタヒチは、
どこかフランスの香りが漂うビーチリゾートです。
タヒチは画家ゴーギャンが愛した想像を絶する美しさを持つ楽園で、
ビーチの木陰で何もしないという本当に贅沢な時間を、
どこまでも続く透き通るような海が彩ってくれる楽園なのです。
中でもタヒチの観光地としても人気なのは、
「ポリネシアの真珠」ともたとえられるボラボラ島の海です。
ボラボラ島の海美しさはまさに絶景といえるもので、
空の色を映して海は青く輝き、
その海の青さを映して雲がグリーンに染まる
というその光景は、旅行会社の写真の何倍も美しいものです。
タヒチが地上の楽園と呼ばれる所以はまさにここにあると言え、
訪れた人の全員が心から感激すること間違いなしです。
このようなことから、タヒチは一生に一度の新婚旅行先として
旅行代金は高めながらも人気があるのです。
一生に一度の新婚旅行ですから、特別な思い出として残すためには
非日常を実感できる地上の楽園で過ごしてみたいということは
多くの新婚カップルが思うことなのでしょう。
タヒチの地上最後の楽園を十分に堪能するには、
新婚旅行でタヒチを訪れたら、ホテルではなく水上ヴィラや
バンガローでの宿泊がいいでしょう。
タヒチでの新婚旅行では、贅沢にのんびり過ごして
地上の楽園を十分に堪能してくださいね。
海を見ながらトロピカルカクテルで乾杯、
夜はちょっとおしゃれにフランス料理など、
タヒチでは、まさに夢のハネムーンが実現することでしょう。
タヒチでの新婚旅行をアクティブに過ごすなら、
シュノーケリングやダイビング、 ウィンドサーフィン、セーリングなど、
やはりマリンスポーツをタヒチの美しい海で体験しておきたいですね。
シャーク・フィーディング(サメの餌づけ)もできますよ。
タヒチのリゾートは新婚旅行代金も高めですが、
それでもお金を出すだけの価値があると思える極上リゾート、
それが地上最後の楽園、タヒチなのです。
最近ではタヒチツァー専門の旅行会社も出来ていますし、
海外挙式の結婚式をタヒチで挙げる人も多くなっているようです。

新婚旅行海外の人気旅行先リストと成田離婚防止策


新婚旅行へ行くのなら、せっかくの機会だから海外旅行へ、
という方が多いようです。
最近はひと昔前に比べて海外旅行が身近になったとはいえ、
仕事の都合とかもあってなかなかまとまった休みがとれない
という方も多いですから、そういった意味では、
堂々とまとまった休暇がとれる新婚旅行は
海外旅行をする絶好のチャンスともいえるわけですよね。
愛する2人がめでたく夫婦になって、はじめて出かける旅行、
それが新婚旅行ですから、海外で思いっきり羽をのばすというのは、
本当に素晴らしいことだと思います。
ただ、成田離婚という言葉もあるように、
新婚旅行を慣れない海外旅行にしたために夫婦関係に亀裂が入る
ということも多々あるようですので、それだけは注意しましょう。
わたしも海外旅行からの帰国便の機内で
そのような新婚カップルに遭遇したことがありますので。
せっかくの新婚旅行で成田離婚という悲劇に見舞われないためにも、
必ず事前に旅行先の情報収集を行なうことが重要です。
特に行き先が現地事情に不慣れな海外なのですから、
いざというときのための対処法などを心得ておく必要があります。
特に男性の方はそのことを強く意識してくださいね。
成田離婚の原因の大半は、夫である男性が海外旅行先で頼りにならない
ということが理由のようですから、事前の情報収集などで
成田離婚の原因の多くは対処可能なのではないかと思われます。
次に新婚旅行としての海外旅行の行き先ですが、
これは2人のうちのどちらかがよほど旅慣れていない限りは、
新婚旅行としての定番の旅行先を選んだほうが懸命でしょう。
へたに通ぶってマイナーな旅行先を選んだ場合、
海外現地でのストレスでせっかくの新婚旅行気分も台無し、
挙句の果てには成田離婚ということにもなりかねません。
新婚旅行定番の旅行先にはそれなりの人気の理由があり、
現地の受け入れ態勢も万全ですから、ストレスフリーで
ゆったりのんびりと新婚旅行気分を楽しむことができるのです。
では、新婚旅行の海外の人気旅行先はどこか?ということですが、
海外人気先の1つ目は、なんと言ってもハワイですね。
中でもダントツ人気先はオアフ島のホノルルです。
海あり、観光名所あり、ショッピングありと
まさにリゾートに必要なものがすべてそろっているともいえる
完成されたリゾート観光地がハワイオアフ島のホノルルなのです。
今更ハワイなんて、と思われるかもしれませんが、
もし海が好きでまだハワイに行ったことがないのであれば、
新婚旅行先としてはハワイは本当にお勧めですよ。
わたし自身も新婚旅行でハワイに行ってハワイの魅力の虜となり、
その後、毎年飽きることもなくハワイ旅行に行き続け、
遂にはヒルトンのタイムシェア・リゾートまで購入してしまった
というくらいなので、ハワイは本当にお勧めいたします。
ハワイのビーチリゾートや現地での食事などについては、
多くの記事を書いていますので参考にしてみてくださいね。
 ⇒ ハワイ・ワイキキのビーチリゾート特集
 ⇒ ハワイでの食事・ローカルフード特集
 ⇒  ハワイ・タイムシェア・リゾート特集
海外の新婚旅行先としてはオーストラリアも人気があります。
オーストラリアは日本との時差が殆どないため、
旅行者にとって身体の負担は少ない旅行先といえますが、
南半球に位置するの関係で季節は日本と反対になりますので
その点は注意が必要になります。
治安もいいし、英語が多少できれば充分に楽しめる場所です。
オーストラリアのいちばんの売りといえば、
雄大な大自然の中で動物と触れあえることでしょうか。
人気スポットはシドニーやゴールドコースト、パースなどです。
ヨーロッパ方面では、イタリアも、
新婚旅行先として根強い人気があります。
イタリアは古代ローマ帝国以来の歴史と由緒ある土地ですし、
日本と違って全てがゆったりしているところがいいようですね。
人気スポットはローマやミラノ、フィレンツェなどです。
同じヨーロッパなら、花の都フランスのパリも
以前から新婚旅行先の定番ですね。
ただし、イタリア北部のミラノもそうですが、
パリの冬は相当に冷え込みますので、
新婚旅行でパリを楽しむなら季節のいい時期を選んだ方が
より花の都パリをエンジョイできると思います。
新婚旅行先を選ぶ際には、現地の気候も重要な検討課題のひとつですから、
その点の確認も怠らないようにしてくださいね。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。