スポンサードリンク

ハワイ旅行でチャイナエアラインB747-400に搭乗してみました


ハワイ旅行への航空券予約は、HGVCオーナーになったここ数年来
ホノルル空港へのエアーチケットとホテル〜空港送迎サービスを
格安旅行券販売でも有名なH.I.S.で行っています。
2012年9月のハワイ旅行に際しても、5月GW時の繁忙期終了を待ち、
H.I.S.中野営業所にて行いました。
特に航空会社に拘りはないので、オーダーは「1番安い航空券」。
そう言うと以前はデルタ航空を指定される事が多かったのですが、
昨年と今年はチャイナエアラインが指定航空会社となりました。

チャイナエアラインの利用は昨年に続き、2年連続となります。
HGVCオーナーになるだいぶ前に、格安ハワイ旅行パックツアーで
一度だけチャイナエアラインが指定航空会社になった事がありますが、
その時も機内食の美味しさは勿論、機内サービスもアジア的心配りで、
しかも復路は何故かビジネスクラスシートに座らせてもらえたという
快適なハワイ航路を楽しめたので、個人的には好印象を持っています

さて、2012年9月のハワイホノルル行きチャイナエアラインの機体は
幸運なことに、ボーイングの最新鋭機B747-400でありました。
ハイテクジャンボと言われるボーイングB747-400の機内の設備は、
真新しいシートは勿論、脱着式リモコンコントローラーに加え、
各座席の背面に個別のタッチパネル式液晶画面と快適そのものです。

ボーイングB747-400シートのリモコンコントローラー.JPG ボーイングB747-400脱着式リモコンコントローラー.JPG

タッチパネル式液晶画面モニターからは、飛行状況の確認は勿論、
音楽、ゲーム、ニュース、映画などの各種エンターティメントが
端末毎に個別オペレーションで再生が可能です。
映画だけで10本近くのバリエーションがあり(一部日本語吹き替え無し)
長いフライト時間も全く退屈する事がありませんでした。

チャイナエアラインB747-400機内の様子.JPG ボーイングB747-400座席背面タッチパネル式液晶ディスプレイ.JPG

チャイナエアラインはアジア系航空会社なので、機内食も美味しく
日本人の口に合うメニューが用意されています。
往路の夕食には日本蕎麦がつきますし、ホノルル到着前の朝食には
手巻き寿司が出るという日本人には嬉しい配慮がなされています。
流石に復路のメニューはそこまでの和食モードではありませんが、
それでもパスタと醤油味の肉野菜炒めライスという選択肢で、
格安航空券エコノミークラスの機内食としては満足できるものです。

チャイナエアラインハワイ航路復路機内食パスタ1.JPG チャイナエアラインハワイ航路復路機内食パスタ2.JPG

チャイナエアラインハワイ航路復路機内食肉野菜炒めライス1.JPG チャイナエアラインハワイ航路復路機内食肉野菜炒めライス2.JPG

チャイナエアラインと聞くとイメージ的に心配される方もいますが、
中国(中華人民共和国)ではなく台湾(中華民国)の航空会社なので、
安全面やサービス等については、全く心配はいりません。
それどころか、それなりのアジア系先進国の航空会社なので、
食事は勿論、サービスも、欧米系航空会社のデルタ航空と比べると
チャイナエアラインの方がレベルが上で遥かに快適です。
ハワイ行きの航路は日付も変わる時差もあり飛行時間も長いので、
フライト中の快適度は旅行の楽しみに直結する位の影響を与えます。
そういった点でも、エコノミーな格安価格のハワイ旅行では
チャイナエアラインの利用はお勧めできます。
チャイナエアラインと聞いて逡巡してしまう方は、先入観を捨てて
一度、チャイナエアライン利用を検討してみてはいかがでしょうか。

海外旅行保険加入が必要な訳〜海外旅行トラブル事例


海外旅行保険の必要性については前回お話しましたが、
漠然とした一般論だとイメージしにくいと思いますので、
わたしが遭遇した具体的ケースについてお話いたします。

たとえば、非常に意外に良くあるケースとしては、
ホテルのバスタブのお湯を溢れさせて損害賠償を請求されるケースです。
欧米のホテルは、バスタブ外の排水設備が非常に弱いです。
もともと、バスタブの外にお湯が溢れることを想定していないんですね。
それに、欧米では湯船につかるという習慣もないので、
バスタブの造りが非常に浅いです。
日本の感覚でお湯を張っているとあっという間にいっぱいになります。

さて、日本人の感覚でいくと、長いフライトで疲れて時差ボケ気味、
ホテルチェックイン後、再集合時間までお湯に浸かって疲れを癒そう、
とバスタブにお湯を張るのですが、待ってる間に寝ちゃうんですよ。
時差ボケも手伝ってついウトウトと。
すると、気付いた時にはバスタブのお湯は溢れて、
階下の部屋まで流れていることになります。
内装の修理代やその間の休業補償等で数十万円チャージされますからね。
海外旅行保険に加入してなかったらどうなると思います?

ちなみに、旅先でホテルのバスタブのお湯を溢れさせたら、
それほどのことではないと思っても、すぐに添乗員に連絡してください。
欧米は地震がないので、たとえ五つ星の一流ホテルでも、
日本では考えられないほど安普請に出来ています。
ほんのちょっとした水漏れでも、すぐ階下の部屋まで水が行きます。
チェックアウトの段になって初めて課金されていることを知り、
それから保険の手続きということになると、後の日程は滅茶苦茶です。
バスタブのお湯を溢れさせたら、たとえほんの少しであっても、
すぐに添乗員か現地ツアーデスクに連絡をするようにしてくださいね。

加入する海外旅行保険ですが、何かあった時の対応を考えると、
参加するツアー会社がお勧めする保険会社のものがいいと思います。
ツアーの旅行会社と提携しているので、何かあった場合でも、
添乗員や現地ツアーデスクが迅速に対応してくれますからね。
保険の内容や保険料が大きく変わるということはないので、
「保険は安心を買う」という意味でも、
こういう所では変にケチらずに
ツアー会社が勧める保険会社に加入した方がいいと思います。
旅の楽しい思いでは、後からお金では買えないものですからね。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^

海外旅行保険への加入は海外旅行へ行く際は必須です


海外旅行へ行く際は加入が必須の海外旅行保険について説明いたします。
海外へ持っていく荷物については
あまり気にする必要はありませんが、
海外旅行保険には必ず加入することをお勧めいたします。

海外旅行保険の必要性についてはイメージしにくいかもしれませんが、
海外旅行を国内旅行と同じように考えていると、
大きな落とし穴にはまることがあります。
遠く離れた異国の地へ出かけると不安な要素も多く、
また、海外旅行先では日本での常識が通用しないことが多いのです。
飛行機に積んだはずのスーツケースが出てこなかったり、
思いもよらないことで違反金や修繕費、
賠償金を請求されたりなど…。

それに、突然の病気やケガなどは誰にでも起こりうることです。
海外での病気やケガの治療には、
当然ですが日本の健康保険は適用されません。
それに国によっては救急車を呼んだだけで大金を請求されたり、
盲腸の手術で数十万、数百万の費用がかかったという話しも聞きます。
万が一のトラブルが発生した場合に備えて
海外旅行へ行く際には必ず海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険の加入タイプを大きく分けると、
旅行中に発生が予想されるアクシデントやトラブルに対して
補償が組み合わされている「セット型」保険と、
旅行者のニーズに合わせ、各種保険の中から予算に合わせて補償内容を選択できる
通常「バラ掛け型」と呼ばれるものなどがあります。
あなたの行き先や旅行期間、ニーズに合わせて、
お得で補償内容が充実したサポートサービスを選ぶようにしましょう。
現地語がしゃべれない方は、旅行先でも日本語で対応が可能な会社を選ぶと安心です。

海外旅行保険をの補償対象としては、
・傷害(死亡)
・傷害(死亡特別)
・傷害(後遺障害)
・傷害(治療費用)
・疾病治療費用
・救援者費用
・治療
・救援費用
・疾病死亡
・賠償責任
・携行品損害
・入院一時金
・航空機寄託手荷物
・航空機遅延
などが考えられます。

海外旅行保険に加入するだけでなく、出国先の状況を把握したり、
かかる可能性のある病などあれば予防していくことも必要ですし、
既往症のある方はかかりつけの医師に相談するなどの対策が重要です。

なお、最近は海外旅行保険が自動付帯になっている
クレジットカードも多くありますが、大抵の場合、
旅費もしくは航空チケット代をカード決済しないと
保険適用外となるようですので、そのあたりも注意してくださいね。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。