スポンサードリンク

海外旅行持ち物準備リスト〜手荷物とトランクの中身の振り分け


海外旅行準備へ行く前の準備の目安として、
海外旅行準備リストについて説明したいと思いますが、
以前、準備するべきものの項でも書いたように、大抵のものは現地調達可能なので、
荷物は極力少なくなるようにしてください。

海外旅行の準備の際は、飛行機の機内持ち込みの荷物に注意が必要です。
アメリカで起きた9.11同時多発テロ以降、
各航空会社とも機内持ち込み荷物のチェックが非常に厳しくなりました。
刃のついたものは爪切りでさえも没収の可能性がありますし、
一定容量以上の液体、半固形物も機内持ち込みは禁止です。
わたしは昨年、台湾へ手荷物のみで小旅行に行ったのですが、
容量200グラムのチューブ歯磨きと整髪ジェルを没収されました。
どちらも使いかけで残量の殆どないものでしたが、没収です。
手荷物検査の基準は内容物の残量ではなく、容器の容量だそうです。
そんなわけで、機内持ち込みの手荷物については特に注意してください。

念のため、海外を旅行するときに準備するべき持ち物、
あると便利な荷物・必需品を以下にリストアップしてみました。
でも、個人的には全部は必要ないと思います。
この中からあなたが「どうしてもないと困るもの」だけを
選択してください。

【必携品】
・パスポート(唯一の身分証明書)
・ビザ(国によって免除されることもあります)
・イエローカード(特定の国に行くなら必需品)
・米ドルキャッシュ( 緊急用に)
・トラベラーズチェック(再発行可能だから安心です)
・クレジットカード (1枚あれば安心・便利)
・海外旅行傷害保険(必ず加入しましょう)
・緊急連絡先リスト(あらゆる災難を想定して)
・眼鏡
・コンタクトレンズ(目がわるい人は必需品。予備も)

【あったら便利】
・旅行パック(軽くて丈夫なものを用意)
・かばん(機内に持ち込む手持ちの荷物や観光時のかばん)
・時計・目覚まし時計(時間の確認のために)
・ガイドブック
・世界地図(現地を効率よく回るための情報です)
・英和辞書(語学堪能でない人には必需品)
・ペンとメモ(ちょっとした覚え書きに)
・南京錠&ダイヤル錠(防犯に)
・アーミーナイフ (あると以外に便利)
・ゴム(隠れた必需品。日本製がいちばん)
・くつ下・下着・Tシャツ(各3-4枚くらい)
・ズボン・スカート(1-2枚)
・ウインドブレーカー(1枚あると便利)
・フリース(1枚あると便利)
・くつ(履きなれたものを)
・トイレットペーパー (1ロール)
・タオル(2枚くらい)
・歯ブラシと歯みがき(生活必需品。現地調達可)
・せっけん(生活必需品。現地調達可)
・シャンプー&リンス(生活必需品。現地調達可)
・洗たく洗剤&ロープ(手洗いを前提に)
・シェーバー・かみそり・クスリ
 (必需品 痛み止めや胃腸薬など常備薬)。

何年か前、ハワイ旅行へ出発の際に
うっかりアーミーナイフを機内持ち込み荷物にしてしまい、
成田空港の搭乗手続きの際に没収されそうになりました。
貰いもので大切にしていたので、没収されるのは忍びなく、
何とかならないか空港係官と交渉したところ、
「空港ロビーに郵便局があるからそこから自宅へ送れ」とのこと。
我がアーミーナイフは何とか没収を免れました。
結局、旅先でアーミーナイフがなくても
全然困らなかったんですけどね。

「使うかどうかわからないけど念のため」と持っていくものは、
旅先ではまず使うことはありません。
どうしても必要になったら現地で買えば用は足ります。
荷物の重さと現地調達の費用を秤にかけて考えてみてください。
旅は荷物が少ない方が絶対にラクで楽しいですよ。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。