スポンサードリンク

海外旅行で長期滞在なら国際運転免許証の取得を


海外旅行先で車の運転ができるととても便利ですよね。
海外旅行も慣れてくると、お仕着せのツアーではなく、
自分の行きたいところへ自由に行動したいと思うものです。
でも、公共交通機関の利用は言葉の問題もありますし、
時間的ロスも大きいです。
そんな時、日本にいる時と同様、自動車で移動できたら、
海外旅行先での行動範囲も広がりますよね?
もし、あなたが日本の運転免許証を持っているのなら、
国際運転免許証の取得により、海外旅行先でも
レンタカーなどによる自動車の利用が可能となります。
あなたの行動範囲が広がり、まだ見ぬ海外の姿に触れるチャンスですよ。

それでは、国際運転免許証の取得方法についてお話ししょう。
日本の運転免許証では、
自動車の運転は基本的に日本国内でのみしかできません。
そこで、あなたが海外で自動車を運転するためには、
国際運転免許証を別途取得する必要があるのです。
国際運転免許証とは、海外でも通用する自動車運転免許証のことです。
この国際免許証を取得することにより、
あなたは海外でも自動車等を運転することが出来ますし、
もちろんレンタカーを借りることも出来るのです。

また、国際運転免許証はパスポートと同様に
強力なID(身分証明書)になりますので、
たとえ海外旅行先で自動車の運転をする予定の無い方でも
取得することをお勧めいたします。
国外運転免許証(国際免許証)の申請は、
居住地の運転免許試験場又は警察署で行うことができます。

国外運転免許証(国際免許証)の申請に必要な書類は、

1.外国運転免許証交付申請書申請(窓口にて入手) 
2.日本の運転免許証 
3.写真1枚(縦5cm×横4cm)
 (※写真は無帽、正面、上三分身、無背景で
  申請前6か月以内に撮影したもの)
4.パスポート等、渡航を証明するもの 
5.古い国外運転免許証を持っている方は、その国外運転免許証 
6.印鑑(認印可) 
7.申請料 2650円。

外国運転免許証交付申請書に必要事項を記入後に、
申請料領収印紙2,700円分を購入し
その申請料領収印紙を申請書の表紙に貼り付け、
上記の必要書類と共に国際運転免許証交付申請窓口にて
申請してください。

なお、国外運転免許証(国際免許証)の有効期限は発給から1年間です。
有効期限の切れた国際免許証は、
最寄の警察署に返納することになります。
運転免許試験場で申請する場合、
約40分から1時間で交付されますよ。

いかがですか?
海外旅行先であなたの行動範囲を劇的に広げる
国際運転免許証ですが、
意外と簡単な手続きで入手できることに驚かれた方もいると思います。
海外旅行、特に長期滞在する方には非常に便利な国際免許証ですので、
是非、申請されることをお勧めいたします。

ところで、海外では日本とは逆に自動車が右側通行の国が多いです。
特に欧米では多いのですが、
そういった国で自動車の運転をされる場合は細心の注意が必要です。
というのも、人間は頭では分かっていても、
つい習慣で行動してしまう傾向があります。
日本とは全てが逆になる海外の状況で、
とっさの判断が必要になる自動車運転は
交通事故のリスクが非常に高くなります。
このことは、徒歩の場合も大いにあてはまりますよ。
自動車が右側通行の国では、
思ってもいなかった方向から車が走ってきますので、
海外旅行先で車を運転しない方も、
道路を渡る場合などは特に注意してくださいね。
わたしの場合、何度海外旅行を経験しても慣れなくて、
未だにヒヤッとすることがしょっちゅうです。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。