スポンサードリンク

パスポート有効期限切れ?更新手続きを忘れずに!


現在の日本のパスポート(一般旅券の場合)は、
有効期間が、5年用(紺色)と10年用(赤色)の2種類があります。
それらの有効期限を過ぎるとパスポートは失効するため、
引き続きパスポートを有効なものとしたい場合は
更新手続きをする必要があります。
運転免許証などと同様の考え方ですね。

それでは、パスポートの更新手続きについて説明していきます。
現在お持ちのパスポートの有効期間、
5年用(紺色)と10年用(赤色)のどちらかかと思いますが、
この有効期限が残り少なくなった場合、
事前に手続きすることによりパスポートの更新が行えます。
具体的には、残りの有効期間が1年未満になると
パスポートの更新手続きが可能となります。
パスポートの更新は、正式には切替発給といいますが、
所定の必要書類を用意して申請窓口に提出することにより行います。

それでは、日本国内で行なうパスポートの更新手続きについて
説明します。

@まず、指定された必要書類を用意しましょう。
 1.一般旅券発給申請書 1通 
 2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通
  (ただし、パスポートの記載事項に変更があるときや、
   サインを漢字で登録したいときは必要です。)
 3.住民票の写し 1通 
 4.身分証明書 1通
  (パスポートの有効期間が切れていても、6カ月以内であれば、
   そのパスポートがあれば他の身分証明書は不要です。)
 5.写真 1枚 
 6.官製ハガキ 1枚 
 7.印鑑
 8.所有しているパスポート 

A必要書類が用意できたら、次に、
 前回パスポートを取得したときから住所が変わっていない場合は、
 書類の提出先は前回パスポートを申請した窓口になります。
 前回パスポートを取得したときから、住所が変わっている場合は、
 書類の提出先は現在住民登録をしている都道府県の申請窓口になります。

B新しいパスポートに更新されると、ハガキで連絡がありますので、
 窓口に出向いて更新されたパスポートを受け取ります。

海外旅行が一般的になったといっても、
そう頻繁に海外へ出かけていくことはできない方も多いと思います。
また、パスポートの有効期限は5年または10年用と比較的長いので、
うっかり更新を忘れて失効してしまった、という例も多いようです。
いざ旅行という時にパスポートが失効していた、ということのないようにしましょう。
また、入国の際にパスポートの残有効期限について指定のある国も多いです。
海外旅行の際は、それら渡航先の入国条件について事前に調べることも大切です。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。