スポンサードリンク

アランチーノディマーレの接客態度が極端に悪くなっていました


ハワイオアフ島ワイキキで人気のイタリアンレストランと言えば
何と言ってもここ20年来行列の店として知られるアランチーノです。
オープン当初はワイキキビーチウォークのこじんまりとしたお店で、
日本人オーナーによるアットホームな雰囲気と細かな気配りの接客
そして繊細な日本料理の味覚を反映させた味付けのイタリア料理で
あっという間に開店と同時に行列のできる人気店となったのでした



まだハワイ旅行初心者だった20数年前、当時ワイキキレストラン事情は
まだステーキ&ロブスター全盛の頃、職場出入りの旅行社の担当に
ワイキキで美味しいカジュアルなレストランはない?と聞いて
口コミ情報として教えてもらったのがアランチーノビーチウォーク店。
当時のマネージャー、ワン・ベーという中国系ハワイ人とも仲良くなり、
ハワイ旅行の度に通っては本格イタリアンを堪能していたのでした。

その後、ワイキキ中心部のビーチ マリオット リゾートホテル1階に
オープンテラス席を擁するアランチーノディマーレが2号店として開店。
1号店で贔屓にしていた支配人ワン・ベーの退職などもあり、
ここ10数年はアランチーノディマーレに食事に通っていました。



毎年恒例となった今回2016年9月のハワイ旅行においても
アランチーノディマーレを訪れ、定番のスパゲッティーに加え、
初挑戦となるメニュー、青りんごとブルーチーズのピザをオーダー。

アランチーノディマーレの青りんごとブルーチーズのピザ.JPG アランチーノディマーレの青りんごとブルーチーズのピザ表面.JPG

お会計のお値段は、いつも二人で、ワインフルボトル一本、サラダ、
パスタ×2皿、メインディッシュ×1皿というオーダーで、
今回も含め大抵100数十ドルといったお値段です。

しかし、今回のお会計では信じられない事が。
チップの金額を明示した上でトラベラーズチェックで渡し、
チップを引いた上でのお釣りが30ドル以上もあるにも関わらず、
いつになってもお釣りがテーブルに届きません。
痺れを切らして「会計を早く済ましてくれ」と言うと、
あろう事か「Do You Want Change?(両替したいのか)」などと言います。
お釣りの分まで含めてチップとして懐に入れようとしていたのでしょうか。

1号店ビーチウォークしかなかった頃から数えて20数年間、
毎年ハワイ旅行の度にアランチーノを訪れ続けてきましたが、
こんなふざけた接客をされた事は未だかつて一度もなかった。

確かに、ここ数年、トマトソースの塩味がきつくなったなぁとか
スパゲッティーの茹で加減がアルデンテを外しているなぁとか、
スパゲッティーケッカのトマトソースがフレッシュトマトでなく
トマトクリームソースになってしまったという味の劣化を
来店するたびに強く感じていました。

併せて、コンシェルジュの個人的な好き嫌いによって
案内される座席の配置が白人客とは微妙に扱いが違う
といった被差別感も露骨に感じるようになったり、
ウェイター、ウェイトレスといった給仕スタッフのレベルの低下、
パスタよりメインディッシュのセカンドピアットが先に出てくる
といった厨房と給仕スタッフのオペレーション悪さも目立っていた。

恐らく、開店前から行列する人気店という立場に胡坐をかき、
開店当初の謙虚な気持ちを忘れてしまっているのでしょう。
もしかすると日本人ならではのホスピタリティーを大切にしていた
オーナー自身も経営から退いているか、現場を離れてしまっているのかもしれません。
ホール担当責任者も、毎回見慣れた日系ハワイ人の男性ではなく、
明らかに中国人と思われる男性で態度も横柄。
日本人と思しきコンシェルジュの女性も美人さを鼻にかけた様な
観光客を見下した高飛車な態度が非常に鼻につく接客でした。

アランチーノ自体はその人気の余勢をかって、
かつてはディナー営業のみだった営業時間をモーニングやランチへ広げ、
高級リゾートホテル・住宅街のカハラ地区にも3店舗目をオープン。



その上、ホノルル・スターアドバタイザー ハワイ・ベスト2016にいて
ベストイタリアンレストランに選ばれるなど快進撃を続けているようです。
でも、今回2016年9月来店の際の接客マナーの悪さを経験し、
アランチーノディマーレは私の中では既にオワコン化しており、
もう二度と行かないレストランのトップにランキング入りしてしまいました。

20数年慣れ親しんできたアランチーノにお別れしなければならないなんて
本当に悲しい気分で、美しいハワイでの思い出も汚されたような気分です。
でも折角の楽しみにしているハワイ旅行で、敢えて差別的な扱いを受けたり、
釣銭を誤魔化すなどという、文句を言わない日本人の性質を逆手に取った
侮辱的な扱いを受けてまで食事をしようとは思いません。

ハワイ旅行をする皆様方は、おかしい事はおかしいと
日本語で良いので怒る勇気を決して忘れてはいけません。
でないと日本人の誇りを踏みにじられるような扱いを受けたまま
旅行の思い出自体が楽しい物でなくなってしまいますから。

アランチーノの接客が変質してしまったのは本当に残念ですが、
20年以上も年月が経過すれば、様々な物事が変化していく事もまた必然でしょう。
アランチーノディマーレには恐らくもう二度と行かないけれど、
ワンベーと出会った1号店アランチーノビーチウォークへは
次回のハワイ旅行で訪れてみようかとは考えています。
そしてビーチウォーク店でも同じような接客サービスなのであれば、
アランチーノとは完全に縁を切ろう、そんな風に考えています。


【追憶・過去のアランチーノ来店記全記録】

 ⇒ ワイキキでカジュアルなイタリアンならアランチーノで

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレでワイキキサンセットとディナーを堪能♪

 ⇒ ワイキキアランチーノでメインディッシュ付きイタリアンディナーを体験

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレでフィレミニヨンステーキを食べてみた

 ⇒ アランチーノディマーレでチーズの器で作るリゾットを食べてみた

 ⇒ アランチーノディマーレでディナーにオッソブーコ(仔牛すね肉の煮込)を食べてみた

 ⇒ アランチーノディマーレでミートボールスパと白身魚のグリルを食べてみた

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレにポーターハウスステーキが新メニューで登場!

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレでサルティンボッカを食べてみました

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレで野菜売りおばさんのスパゲッティーを食べてみた

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレでピッツァ・マルゲリータを食べてみた

 ⇒ アランチーノディマーレで青りんごとブルーチーズのピザを食べてみた
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。