スポンサードリンク

テディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店でチーズバーガーを食べてみた


テディーズ・ビガー・バーガーズ(Teddy's Bigger Burgers)・ワイキキ店へ行き、地元ハワイのロコたちにも評判のハンバーガーを食べてきました。

テディーズ・ビガー・バーガーズ(Teddy's Bigger Burgers)・ワイキキ店の場所は、ワイキキの町並みのダイヤモンドヘッド側の一番端っこの方にあり、
ホノルル動物園の入口辺りからカパフル・アベニューの通りを挟んで向かい側に位置しています。


134 Kapahulu Ave. Honolulu, HI

テディーズ・ビガー・バーガーズ(Teddy's Bigger Burgers)・ワイキキ店の店舗は、カパフル・アベニューの通り沿いにあるので、
地図上で見ると比較的分かり易い立地の筈なのですが、
今回の訪問ではなかなかお店の場所が分からずに路地裏まで右往左往してしまい、周辺のクィーンカピオラニホテルのロビーでトイレ休憩までしてしまいました。

というのも、ワイキキ市内で手に入るLeaLea、KauKau、Aloha Streetなどの
フリーペーパーの地図の縮尺が大きくて、大雑把な位置しか分からなかったからなのです。
おまけに日本の店舗のように建物から垂直方向に飛び出した看板がないので、
通りを歩いているだけではうっかりすると見落としてしまいがちな佇まいなのです。

さて、実際のテディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店の店舗の場所は
クィーンカピオラニホテルとレモンロードを挟んでビーチ側に一する
ワイキキ・グランドホテル1階のカパフル・アベニュー通り沿いにあります。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店外観1.JPG ワイキキグランドホテル.JPG

お店の入口まで階段を数段上る必要があるのと、ドアが解放されていないので、
ついついうっかり通り過ぎてしまっても不思議ではないロケーションで、
実際にお店の目の前を何度か通り過ぎたのに全く気付きませんでした。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店外観2.JPG テディーズビガーバーガーズワイキキ店外観3.JPG

テディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店の店内は、
通り側から入って左側がオーダーカウンターとなっており、
右側がイートインスペースです。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店店内1.JPG テディーズビガーバーガーズワイキキ店店内2.JPG

カウンターでチーズバーガーのスモールサイズをオーダーし、
入口側の商品受け渡し口で待っていると、店内の客席で待つよう促されました。
テディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店では、店内でイートインの場合、
ファストフードのハンバーガー店には珍しくバーガー類はセルフサービスでなく、
店内にいるスタッフがイートインスペース客席まで運んできてくれるのです。
但しドリンク類はセルフサービスなので自前でコップに入れて席でお待ちください。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店客席.JPG

ほどなくすると、フレンチフライドポテトが添えられたチーズバーガーが、
トマトケチャップとペーパーナプキンとともに席に届けられました。
バーガー類の配膳といい、ペーパーナプキンの事前準備といい、
ファストフード店には珍しく細やかな顧客対応といえるサービスですね。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店ケチャップ&紙ナプキン.JPG テディーズビガーバーガーズワイキキ店チーズバーガー1.JPG

テディーズ・ビガー・バーガーズは、ハワイの大手新聞社が毎年実施している
レストランランキングのバーガー部門で16年連続NO.1 バーガー賞受賞記録を
2016年現在で更新中という実力派ハンバーガーショップとして人気だそうです。

テディーズ・ビガー・バーガーズのハンバーガーパテは、100%USビーフで、
しかも脂肪分99%カットの肉を使用した上で繋ぎを一切使わないという、
まさに純正完全なアメリカンビーフ100%のハンバーガーです。

テディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店のチーズーバーガーは、
パテが丸型で焼き加減は比較的火の通りが良いウェルダンな焼き加減で、
野菜類はレタス、トマトスライス、オニオンスライス、ピクルススライス、
とオーソドックスな陣容です。
ピクルスが比較的厚めのカットなのが味わいのアクセントになっているかも。

味わいの方もそのオーソドックスな外見同様、ある意味で王道的というか
ファストフードのスタンダードであるマクドナルドやバーガーキングなど、
日本でも馴染みのあるハンバーガーと同系統の味わいを感じます。

テディーズビガーバーガーズワイキキ店チーズバーガー2.JPG テディーズビガーバーガーズワイキキ店チーズバーガー3.JPG

恐らくパテに練り込んだ調味料の配合やソースの味付けなどの調味が、
アメリカンハンバーガーのスタンダードなテイストを踏襲しているのでしょう。
ファストフードハンバーガーの味付けがあまり好きでない当方としては、
ちょっとジャンクフード的でトゥーマッチな味付けで胃もたれ感がありますが、
人気投票で16年連続NO.1 バーガー賞受賞記録更新中という結果を見れば、
これがハワイローカルの人達にとって万人受けする味付けなのでしょう。

なお、テディーズ・ビガー・バーガーズ・ワイキキ店は朝食メニューもあり、
ジューシーなパテのロコモコやアサイーボウルなどの人気メニューをご用意。
モーニングは勿論、ブランチタイムの10時〜11時半の間であれば、
ハンバーガーと朝食メニューが両方楽しめるので便利ですね♪

また、テディーズ・ビガー・バーガーズは、ノースショア・ハレイワにも
ハレイワ・ストア・ロッツ内に新店舗をオープンしていますので、
ノースショア観光の際は、あのクアアイナとの食べ比べも可能です。


66-111 Kamehameha Highway, Space No.801, Haleiwa, Hawaii

↓オアフ島では他にも各地に店舗があり地元民ローカルに人気です。↓
カポレイ、ハワイカイ、カイルア、アイエア、ワヒアワ、ハワイ大学、
カピオラニ(アラモアナ)、カネオヘ、エバビーチ、ラハイナ(マウイ島)

そして何と、テディーズ・ビガー・バーガーズは、日本にも店舗があり、
表参道と横浜港北で絶賛営業中ですので、お近くに立ち寄りの際には、
日本でもハワイNo.1のテディーズ・ビガー・バーガーズを楽しむ事ができますよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。