スポンサードリンク

ハナウマ湾オプショナルツアーへ参加してシュノーケリングしてきました


ハナウマ湾はハワイオアフ島屈指のシュノーケリングスポットで、
ワイキキからはオプショナルツアー参加で行くことができます。
ここ何年かは滞在時の潮位の関係とかで行っていなかったのですが、
今回は久しぶりにハナウマ湾オプショナルツアーへ行ってきました。
というのも事前の潮位予測でハナウマ湾滞在時間の午前から正午近く
という昼の時間帯に干潮が予想されていたからです。
(ハナウマ湾の潮位予測の調べ方は以下の前回記事をご覧ください)

展望台から眺めるハナウマ湾1.JPG 展望台から眺めるハナウマ湾2.JPG

 ⇒ ハナウマ湾の潮位予測の調べ方はこちら

ハナウマ湾へはThe Busという公共交通機関バスを使って行く
という方法もあり、値段が安上がりな事は間違いありませんが、
バスの運行本数が少なく時間的制約のある観光滞在の場合はお勧めできません。
ハワイ旅行中の滞在時間の有効活用を考えれば、ハナウマ湾へは
旅行社の主催するオプショナルツアー利用が良いでしょう。
ハナウマ湾オプショナルツアーはツアー料金がピンからキリまであり
格安オプショナルツアーは驚くほど安い値段の場合もありますが、
送迎の迎えに来なかったり現地滞在時間の選択肢が少なかったり
という安かろう悪かろう的な傾向が強いためあまりお勧めできません。

私がお勧めするのは、現地オアフ島の老舗ツアー主催旅行社である
ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ社の催行するハナウマ湾シュノーケリングオプショナルツアーです。
その理由は、帰りのハナウマ湾出発時間を11:45,13:15,14:45の
三つの時間帯から自由に選べるところ(2014年9月時点)。
潮位予測のページで書きましたが、ハナウマ湾オプショナルツアーで
シュノーケリングをして海中の様子を眺める水中散歩を楽しむには
干潮の時間帯にハナウマ湾滞在時間を合わせる必要があるので、
帰りのハナウマ湾出発の時間帯を選べるオプションは必須なのです。
ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ社主催の
ハナウマ湾シュノーケリングオプショナルツアーは、H.I.Sが
日本からでも受け付けてくれます(2014年9月時点)ので申込みも簡単。
ちなみに、H.I.Sの取り扱うハナウマ湾オプショナルツアーには、
内容によって現地旅行社が別会社の催行のツアーもありますので、
LeaLeaマガジンなどの備考欄「現地運行事業者」の記載が
ハワイアン・オーシャン・プロモーションズである事や、
帰りのハナウマ湾出発の時間帯を選べる事を確認してから申込みをしてくださいね。
不安な場合は、H.I.S.のデスクの人に聞いてみてください。

展望台から眺めるハナウマ湾3.JPG 展望台から眺めるハナウマ湾4.JPG

さて今回わたしがH.I.Sで申し込んだハナウマ湾オプショナルツアーは、
「ビーチパラソル付き★ハナウマ湾シュノーケリング」というツアー名の
ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ社主催のツアーです。
ハナウマ湾のビーチは陽射しを遮る日陰が少ないので、日焼け対策として
過去の経験からビーチパラソルはあった方がいいと思ったからです。
エドケーションセンターとビーチの坂道を走るトロリーの往復チケットと、
ビーチパラソル、ビーチチェア、クーラーボックス、シュノーケルセット
(水中メガネ、ドライスノーケル、足ヒレフィン)とワイキキホテル送迎が
全てセットで大人1人$44、子供(2-11歳)$39というお値段(2014年9月時点)。
ツアー内容から考えてもお得でお値打ちな価格だと思いました。

ハナウマ湾シュノーケリングオプショナルツアーは宿泊滞在ホテル
ヒルトンハワイアンビレッジを早朝7時のお迎えピックアップです。
途中、他のワイキキホテルを回りながらツアー参加者をピックアップし、
ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ社オフィスのある
ハワイ・カイ・ショッピングセンターに到着。
今回はキャンペーン期間中ということで、ショッピングセンター内の
KOA PANCAKE HOUSEというパンケーキ屋さんでの朝食が無料でした。
好きなパンケーキとドリンクのセットでとても得した気分です♪

KOA PANCAKE HOUSE看板.JPG KOA PANCAKE HOUSE店内.JPG

ハワイパンケーキブルーベリー.JPG ハワイパンケーキブルーベリー.JPG

ハワイパンケーキバタートッピング.JPG ハワイパンケーキ断面.JPG

サービスのパンケーキの朝食を食べた後はツアー会社のオフィスで
レンタルのシュノーケルセットやビーチパラソルの使い方の説明を受け
ピックアップバンのタクシーに乗り替えてハナウマベイへ出発です。

ハワイアン・オーシャン・プロモーションズ社オフィス.JPG ハナウマ湾への送迎タクシー.JPG

ちなみにハナウマ湾の駐車場へはツアーバスやツアー会社の送迎車は
乗り入れが禁止になっており、個人の自家用車かタクシーのみが入場可能となっています。
従って、オプショナルツアーでハナウマ湾に行く場合は、今回のように
手前のハワイ・カイ・ショッピングセンターかココ・マリーナセンターで
一度、車を乗り換える必要があるのです。
乗り換えるといっても車の種類は送迎者と同じピックアップバンである
という場合が殆どなのですが…
要はタクシー登録してある車両かどうかという単なる手続き上の違いだけのようです。

展望台から眺めるハナウマ湾.JPG 展望台からのハナウマ湾シュノーケリングポイント.JPG

ハナウマ湾料金所ゲートを入ってエドケーションシアター脇の展望台から眺めたハナウマ湾のコンディションは、干潮時に向かいつつあるようで、波も収まりつつあり良好のようです。
シュノーケリングポイントであるリーフの外側へ続く岩礁付近に白波が立っていないことから、今回のシュノーケリングは期待できそうです。
ビーチに降りてまずは砂浜にパラソルを立て、ビーチチェアをセット。
パラソルはポールと底のスクリューが分割されている本格タイプで
風があっても飛ばされる事のない堅牢なタイプなので安心です。

ハナウマ湾ツアービーチパラソルセット.JPG ハナウマ湾ツアービーチチェアクーラーボックス.JPG

ビーチチェアとクーラーボックス、ビーチ用のゴザがあれば、
長時間のハナウマ湾ビーチ滞在でも快適に優れる必携アイテムが
オプショナルツアーとセットになっているのは嬉しいお得な内容だと思いました。
次回は、今回のハナウマ湾シュノーケリングオプショナルツアーで
海中の様子をシュノーケリング水中デジタルカメラ撮影した画像を
いよいよ公開いたしますので楽しみにしていてくださいね。



スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。