スポンサードリンク

ラグーンタワー2ベッドルームハーバーオーシャンビュールームの様子


ハワイワイキキのヒルトンハワイアンビレッジ内ラグーンタワー棟ホテルの
2ベッドルームハーバーオーシャンビュールームに宿泊しに行ってきました。
ヒルトンのタイムシェアシステムであるヒルトングランドバケーションクラブ
HGVCのオーナーになり、毎年のハワイ旅行はヒルトンハワイアンビレッジ内の
ラグーンタワーかグランドワイキキアンに必ず泊まるようになりました。
保有ポイント数の関係もあり、過去の宿泊回数は、ラグーンタワーが4回、
グランドワイキキアンが2回となっています
今回の訪問でラグーンタワー宿泊は5回目となり、今回宿泊のルームタイプ
2ベッドルームプラス(オーシャンビュー)は2度目となります。

今回宿泊したラグーンタワーの2ベッドルームプラスオーシャンビュールームは
前回宿泊した同タイプの部屋と同様、1ベッドルームプラスとスタジオの部屋を
内部でロックアウト可能にしたコネクティングルームです。
二部屋に独立使用も可能なように出入り口のドアも2つあります。
前回宿泊したL1662・1663号室はダイヤモンドヘッド側の部屋で、
ELVホールの脇のエレベータの乗降口の筋向い側の部屋でしたが、
今回宿泊のL1970・1971号室はアラワイハーバービューなので、
ちょうどその向かい側、エレベータの乗降口のすぐ脇とその並びに
客室ドアがあります。

ラグーンタワーL1970号室ドア.JPG ラグーンタワーL1971号室ドア.JPG

 ⇒ 前回宿泊のラグーンタワーL1662・1663号室の様子はこちら

L1970・1971号室は、エレベーター脇のL1971号室が
ステューディオ(スタジオ)タイプルームです。
スタジオ(ステューディオ)タイプとはいえダイヤモンドヘッド側の同タイプルーム
のように細長い空間ではなく、隣の1ベッドルームプラスタイプの寝室と同じ造り
ということで、全く圧迫感のない快適な空間です。
しかも独立してスタジオとして使用できるよう、冷蔵庫、シンク、電子レンジなど
最低限の調度品も装備されているので、複数世帯など大人数での宿泊でも
ストレスが少ないと思います。
バス・トイレも標準的なタイプのものが装備されています。

ラグーンタワーL1971号客室内1.JPG ラグーンタワーL1971号客室内2.JPG

ラグーンタワーL1971号客室内3.JPG ラグーンタワーL1971号客室内4.JPG

L1971号室バスルーム1.JPG L1971号室バスルーム2.JPG

L1971号室から隣のL1970号室のリビングにはロックアウトできる扉で
行き来できますし、閉め切ってしまうこともできます。
下の画像の左側がL1971号室側から、右側がL1970号室側から見た場合になります。

L1971号室側ロックアウトドア.JPG L1970号室側ロックアウトドア.JPG

1ベッドルームプラスタイプのL1971号室はドアを開けるとリビングダイニングスペース。
L字型の対面式キッチンカウンターに、大型冷蔵庫、電子レンジ、IH式コンロ、
大型オーブン、食器洗浄機、コーヒーメーカー、炊飯器というフル装備です。

L1970号室リビングダイニング1.JPG L1970号室リビングダイニング2.JPG

L1970号室キッチンカウンター1.JPG L1970号室キッチンカウンター2.JPG

L1970号室キッチン調度品1.JPG L1970号室キッチン調度品2.JPG

リビングスペースには大型のソファー、リクライニングチェアーもあって、
それぞれベッドとしても十分使用できる大きさです。

L1670号室リビングソファー.JPG L1670号室リビングソファーベッド.JPG

リビングとはドアで仕切られたベッドルームと、独立したバスルームがあります。

L1670号室ベッドルーム入口.JPG L1670号室ベッドルーム.JPG

L1670号室バスルーム.JPG

ラナイ(ベランダ)からの眺めは、オーシャンビュールームとはいえ、
ラグーンタワー中央部寄りのアラワイハーバー側なので正面にはイリカイホテルが迫り、右端にシティービュー、左端にアラワイハーバービューといった景観で、
眺めはさほど良くはありません。というかむしろ、イリカイホテルの宿泊者の視線が気になるといった方がいいかもしれません。

L1670号室ラナイ1.JPG L1670号室ラナイ2.JPG

L1670号室ラナイからのオーシャンビュー.JPG L1670号室ラナイからのシティービュー.JPG

L1670号室ラナイからのパラダイスプール.JPG L1670号室ラナイからのイリカイホテルプール.JPG

しかしHGVCのクラブポイント予約の場合は、ダイヤモンドヘッド側かそうでないかまでは、予約の段階では指定できないのでこれは致し方のないことです。
アラワイハーバービュー側の部屋を引いたら、ワイキキサンセットが自室から楽しめる、という事に幸せを見出すというのがハワイ旅行を楽しむポジティブシンキングです。

L1670号室ラナイからのワイキキサンセット1.JPG L1670号室ラナイからのワイキキサンセット2.JPG

なお、ハワイアンビレッジ内のタイムシェア棟にはカリアタワーもありますが、
ルームタイプがスタジオと1ベッドルームのみなので
可能な限り2ベッドルームタイプが希望の我が家では使った事がありません。
そういった意味では、2014年にワイキキ中心部に新たにオープンしたヒルトンの
新しいタイムシェア棟ホクラニ・ワイキキも1ベッドルームタイプのみなので、
我が家的にはちょっと使いにくいかなと感じています。
ホクラニ・ワイキキはロケーション的にもオーシャンビューは望めないホテル
なので、景観重視派の方には向いていないタイムシェア棟かなと思います。

 ⇒ ヒルトンハワイアンビレッジ内の詳細・ホテル宿泊・航空券予約はこちらから♪


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。