スポンサードリンク

ワイキキトロリーピンクライン車両バリエーションの種類を一挙ご紹介!


ハワイ旅行でワイキキ滞在中の移動に欠かせない交通手段といえば、
JCBカードで無料で乗り放題のワイキキトロリーピンクラインです。
JALパック、JTB、HISのLeaLeaトロリー付きのパックツアー旅行者の方も
ワイキキ滞在時の時間節約と時間有効活用のため、スペアの移動手段として
年会費無料JCBカードを携帯してのワイキキトロリーピンクラインの利用は
もはやハワイ旅行者の常識ともいえるものです。

 ⇒ ワイキキトロリーピンクラインが無料で乗り放題になる年会費永久無料のJCBカードはこちらから

さて、そんな便利なワイキキトロリーピンクラインですが、
車体の種類に様々なバリエーションがある事は意外と知られていない盲点です。
そのため、せっかく来たワイキキトロリーピンクラインを見逃して
乗りそびれてしまった!という失敗談も最近よく耳にしますので、
ここでワイキキトロリーピンクラインの車体カラー等のバリエーションを
画像付きだ一挙にご紹介し、あなたがワイキキでトロリーを乗り逃がさないよう
事前におさらいをしておきましょう。
まず、最も良く見かけるスタンダードなタイプのワイキキトロリーピンクライン。
車体の前後や側面にピンク色の帯のプレートや幕があるのですぐ分かりますね。

JCBで無料!ワイキキトロリーピンクラインリア.JPG JCBで無料!ワイキキトロリーピンクライン側面.JPG

ところが、ワイキキを走るトロリーは、様々な旅行社やショップのトロリーを
共通のトロリー車体で使いまわしているようで、これ以外の分かりにくい車体も
多くワイキキトロリーピンクラインとして走っていますので注意してください。
こちらは前面後面プレートのピンク色が薄い比較的オーソドックスなタイプで、
車体の金属部分もピンクでバンパー部分にもピンクラインと書いてありますので、
これは見間違えることのない比較的分かり易い車体ですね。
私見では、こちらが元々のワイキキトロリーピンクラインの車体バージョンで、
上記画像の車体が濃い赤色のピンクラインは、ワイキキトロリーレッドライン用の車体の流用だと思います。
つまり、以下の画像の車体が本来のワイキキトロリーピンクラインということになりますね。

ワイキキトロリーピンクライン薄ピンクタイプ1.JPG ワイキキトロリーピンクライン薄ピンクタイプ2.JPG

次のトロリーの車体は遠目からではピンクラインと分かりにくいタイプです。
黄色っぽい車体カラーで、元々はイエローラインとかのワイキキトロリーの車体を
ピンクラインに流用しているのだと思われます。
車体を良く見ると、前面後面プレートにJCBカードの文字が見えますし、
車体側面には「JCBカードで乗車賃が無料」の垂れ幕が掲げてありますので、
JCBカードで無料で乗れるワイキキトロリーピンクラインだということが分かります。

ワイキキトロリーピンクラインイエロータイプ1.JPG ワイキキトロリーピンクラインイエロータイプ2.JPG

次は最も分かりにくいタイプの車体です。車体前後と横のプレートが真っ白で、
何の表示も表記もないトロリーですが、これもワイキキトロリーピンクラインです。
これはもう、見ただけで判断しろという方が無理というべきものですが、
見分け方は正面バックミラー下にピンクの小さな旗が掲げてあることですね。
それに良く見ると車体側面に小さな横長のピンク色のプレートも見えるでしょう。

ワイキキトロリーピンクラインホワイトタイプ2.JPG ワイキキトロリーピンクラインホワイトタイプ1.JPG

ワイキキトロリーピンクラインの目印の旗.JPG

これら以外にも、以前はアラモアナショッピングセンター行きのシャトルだった
トロリーをそのまま流用しているものや、英語表記のみのピンクラインもありますが、共通している見分け方は、白・赤・ピンク・黄色っぽい車体カラーに、
正面バックミラー下のピンクの旗、車体側面に小さな横長のピンク色のプレートを
掲げているのがワイキキトロリーピンクラインということです。
という訳で、JCBカードで乗り放題のワイキキトロリーピンクラインを待つ場合は、
以上の車体カラーや特徴を頭に入れて乗り逃がさないようにしてくださいね。

 ⇒ ワイキキトロリーピンクラインが無料で乗り放題になる年会費永久無料のJCBカードはこちらから
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。