スポンサードリンク

ライフジャケットにお勧め!リーフツアラースノーケリングベスト


ハワイスノーケリング時の必需品の一つとして揃えておきたいのが、
もしもの時のためのライフジャケットです。
ハワイでのオプショナルツアーに参加してスノーケリングをする場合、
ツアー会社の方でライフジャケットを準備している場合もありますが、
そうでない場合も多々ありますので、特に水深の深い沖合へ行く場合や
海流や潮の流れが速い、波が高い場合などは、水難事故に遭わないよう
ライフジャケットを準備しておく必要があるでしょう。

そんな時にお勧めするライフジャケットが、
今回のハワイ旅行用に購入したリーフツアラースノーケリングベスト。
浮力10.4kgと身体の大きな大人も安心の浮力を持ちながらも、
折りたためばB5サイズになってしまうというコンパクトさが魅力です。


 ⇒ ライフジャケット 水遊び サンゴ礁 海 川 水中観察 魚と遊ぼう!リーフツアラー旅行用スノーケリングベスト...

B5サイズに折りたためるため、送料の安いメール便発送も可能です。
注文したら、早速、このような茶封筒に入った形で届きました。
このスノーケリングベストの優れているところは、
コンパクトなサイズの上、浮力10.4kgと十分な浮力を持ちながら、
簡単に短時間で口で空気を入れて膨らませられる手軽さです。
ビーチまでは折りたたんで持って行って、ポンプなども必要無く、
その場で30秒程度の時間で口で膨らませます。
浮き輪などよりよほど簡単に膨らませますので本当に楽ですよ。

リーフツアラースノーケリングベスト到着時.JPG リーフツアラースノーケリングベスト開封時.JPG

もう一つ、このスノーケリングベストの使い勝手のいい所は、
先端に弁(バルブ)の付いた筒状の空気孔です。
この筒状の空気孔は装着時に常に口元近くにあるので、
スノーケリングベストの空気の量を常に手元で調節できるのです。
空気が多すぎて浮力がきつく安定性が悪いと感じた場合は、
空気孔のキャップの先端で弁を押して空気を抜くことができます。
また、空気が少なくなって浮力が足りない場合は、
キャップを外して口から空気を簡単に補充することができます。

リーフツアラースノーケリングベスト空気孔のある筒.JPG リーフツアラースノーケリングベスト空気孔のバルブ.JPG

こういった点は、スノーケリングの現場を分かって作られていて、
実際にスノーケリングしてみてとても便利で重宝した機能でした。


 ⇒ ライフジャケット 水遊び サンゴ礁 海 川 水中観察 魚と遊ぼう!リーフツアラー旅行用スノーケリングベスト...

ここでスノーケリングの際のライフジャケットの必要性について
経験上、感じた事を書いてみたいと思います。
泳ぎに自信のない人や、スノーケリングに慣れていない人の場合、
ライフジャケットは必携品とも言えます。
泳ぎに自信のない人ほど、ちょっとしたトラブルでパニックになり
溺れてしまうという事が良くあるからです。
また、泳ぎに自信がある人の場合でも、海でのスノーケリングは、
プールで泳ぐのとは全く別物と考えた方が良く、泳ぎに対する過信が
かえって水難事故を引き起こすというのもよくある事なのです。

また、スノーケリングに慣れているベテランの方でも、
沖合や外洋に直結しているようなビーチでのスノーケリングは、
潮の流れに流されてしまう危険性というリスクを常に孕んでいるため、
安全のためにライフジャケットを装着しておくのが賢明です。
ライフジャケットを装備していれば、たとえ海流に流されてしまっても
体力を消耗せずに長時間漂流している事ができる訳ですから、
命を落とさずに救助される確率が格段に高まる事は間違いありません。

私は、今まで日本やハワイの海で数多くスノーケリングしてきましたが、
自分個人でライフジャケットを持ってはいませんでしたし、
殆どの場合、ライフジャケットを付けずにスノーケリングしていました。
運よく今まで水難事故にあった事はありませんでしたが、
それでも背の立たない水深の深い場所でスノーケリングしている時や、
波が高かったり海流が強かったり潮の満ち引きが激しかった時などは
「今ここで何かあったら」という恐怖を常に感じていたものです。

今回のハワイ旅行のオプショナルツアーでのスノーケリングにあたり
ライフベストとしてリーフツアラースノーケリングベストを購入したのは
オアフ島ノースショアで今までスノーケリングしたことのないスポット
スリーテーブルズ(スリーテーボー)でスノーケリングするためです。
スリーテーブルズは、ノースショアのププケアビーチの中でも
より外洋に直結したビーチで海流も強く、水深も深い上に
ライフガードもいないビーチなため、万全を期すことにしたのです。
スリーテーブルズ(スリーテーボー)を始めとするププケアビーチや
海亀ビーチとして有名なラニアケアビーチ、アリイビーチなど
ノースショアのスノーケリングスポットでの海中の様子は、
バッチリ水中デジカメ撮影をして今後アップしていきますので、
楽しみにしていてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。