スポンサードリンク

香港チムサーチョイ仔港香で香港B級グルメ料理を堪能する


香港九龍島の中心部繁華街である尖沙咀(チムサーチョイ)で
地元民御用達食堂・仔港香で香港B級グルメ料理を食べてきました。
今回の香港2泊3日旅行、初日の香港での夕食はオプショナルツアーで
全聚徳香港店での北京ダックなど北京料理フルコースでしたが、
2日目夜は自由行動なので、現地観光ガイドにお勧めの店を尋ねたところ
何と四川料理店をお勧め店として紹介してまいりました。
せっかく香港に来たのに北京料理や四川料理など、香港と無関係の
中国の地方料理ばかり食べるのもちょっといかがなものかと思います。
それに、北京料理・四川料理なら、日本でも都心部へ行けば
本場中国にも負けない味の本格中華料理が食べられるのですから、
ここはやはり日本では食べられないような料理を食べたいところ。
そこで、いっそのこと観光路線からB級グルメ方面へ路線変更をし、
香港地元民が行くような庶民的な大衆食堂で夕食を食べてしまおう!
ということで、ホテル周辺の尖沙咀(チムサーチョイ)繁華街を探すと…
さっそくありました!グランビルロード(加連威老道)の坂道の途中に
赤い看板を掲げる仔港香というお店が真っ先に目に入りました。

香港B級グルメ食堂・仔港香1.JPG 香港B級グルメ食堂・仔港香2.JPG

香港B級グルメ食堂・仔港香の店頭ウインドウには叉焼、焼鴨、
ローストチキンなどが吊るされ、店先には粥の文字が見えるなど
典型的な庶民的中華食堂ということで香港B級グルメ食べ歩きという
今回のディナーコンセプトにはまさに願ったり適ったりのお店。
勿論、店内も大衆食堂のスタンダードともいえるレトロな雰囲気です。

香港B級グルメ食堂・仔港香店頭.JPG 香港B級グルメ食堂・仔港香店内.JPG

香港B級グルメ食堂・仔港香の店頭では、店の主人がメニュー片手に
客の呼び込みもやっていますが、決して観光客目当ての食堂ではなく
ただ単に仕事熱心・商売熱心なだけのようです。
というのも、店内に入って見たメニューにある料理の値段が
どれも激安価格ともいえるとてもリーズナブルな低価格だからです。
そんなわけで、我々一行5名は食べたいものを片っ端からオーダー。
まずは牛肉の煮込みとローストされた肉料理の盛り合わせをオーダー。

香港B級グルメ牛肉の煮込.JPG 香港B級グルメロースト盛合せ.JPG

ローストミートの盛合せの肉は豚・鶏・鴨・ソーセージという種類で、
外側は皮がカリッと香ばしく内部はしっとりジューシーという
まさにロースト調理の粋を感じさせてくれる出来栄えであります。

香港B級グルメローストポーク.JPG 香港B級グルメローストチキン.JPG

こちらはハチノス、イタリア料理ではトリッパと呼ばれている
牛の第2胃袋の煮込みですが、長時間かけて煮込んだハチノスが
シャキシャキした食感を残しながらもトロ〜りとトロけて
絶妙な食感として仕上がっております。

香港B級グルメハチノストリッパ煮込み.JPG

こちらは豚足料理と記載されておりましたが、日本の豚足のように
豚の足の蹄に近い足先の部分ではなく、もう少し上の方
脛に近い部分のような気がします。
酸味のあるつけだれで食べますが、あっさりしてて癖になる味わい。

香港B級グルメ豚足料理1.JPG 香港B級グルメ豚足料理2.JPG

こちらはちょっとグロテスクなゲテモノ系のルックスですが、
鶏・鴨の足先のモミジと呼ばれる部分を唐揚げ煮にしたもので、
中華圏では一般的に食べられている料理であります。
足の骨についた身と皮をしゃぶり尽すように食べるのがマナーです。

香港B級グルメ鶏鴨足料理.JPG

肉ばかりでは栄養バランス的にちょっとね…ということで、
中国野菜の青菜のボイルなども間に挟みつつ

香港B級グルメ中国野菜青菜料理.JPG

エビ春巻き・海老シューマイなどの香港ならではの点心料理もあり
オーダーしたのですが写真を撮り忘れて点心の画像はありません。
最後は焼そばやラーメンといった中華麺料理で締めてフィニッシュ。

香港B級グルメヤキソバ.JPG 香港B級グルメ中華麺ラーメン.JPG

これらの料理を食べながら青島ビールを1人5缶ほどは飲んで
値段は日本円にして1人あたり2,000円に満たないという激安価格。
身も心もお財布も大満足の香港B級グルメ食堂が仔港香であります。
ちなみに、仔港香はあくまでも食堂であり飲み屋さんではない
というスタンスなのか、酒類は青島缶ビールのみで、紹興酒などは
置いていないようでしたので申し添えておきます。
こちらの言葉・注文が上手く伝わらなかっただけかもしれませんが…


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。