スポンサードリンク

マカオタワー展望台から絶景の景色を眺め堪能してきました


マカオの新しい観光名所スポットとして人気を集めているのが
高さ338mの観光タワー「マカオタワー」です。
今回のマカオ日帰り1日観光オプショナルツアーを利用して
早速、マカオタワー展望台からの絶景の景色を眺めてきました。

フェリーから望むマカオタワー.JPG マカオタワーに向かう車窓から.JPG

マカオタワーは南灣湖の埋め立て地域に建てられた観光タワーで
2001年12月19日にオープンという比較的新しい観光名所です。
地上233mの展望台からは、天気が良く見晴がいい時には、
中国本土・香港まで55km先まで見渡せる眺望の良さが人気なのです。
それでは、早速、エレベーターで展望台まで登ってみましょう。

マカオタワー入口.JPG

マカオタワー展望台からの眺望は360度を見渡せるパノラマで
マカオ中心部から周辺の景色を一望に見渡たすことができます。
まずはカジノホテルが林立するマカオ中心街から、
マカオ国際空港方面の眺望がこちらです。

マカオタワー展望台からの眺望1.JPG マカオタワー展望台からの眺望2.JPG

次に、マカオ・タイパ橋とタイパ島方面の眺望です。

マカオタワー展望台からの眺望3.JPG マカオタワー展望台からの眺望4.JPG

最後に、埋め立て工事が続く南灣湖周辺の眺望がこちらです。

マカオタワー展望台からの眺望5.JPG マカオタワー展望台からの眺望6.JPG

転向が小雨混じりの曇天だったため、残念ながら
中国本土や香港の景色は望めませんでしたが、未だ開発の進む
マカオとその周辺全体の様子が手に取るように分かる絶景でした。

なお、マカオタワー展望台からは、世界最高地点からの跳躍として
ギネスブックにも登録されているバンジージャンプが行えるほか、
自由落下ではなく落下速度調整ワイヤー付きのスカイジャンプや、
展望台の外側外周の周囲を歩いて回るスカイウォーク、
マカオタワー展望台上部のマストをタワー最上部の先端まで登る
マストクライムといったスリル満点のアトラクションも楽しめます。
いずれも安全管理のため1日に行える人数に制限がありますので、
日本出発前にインターネットでの事前予約をお勧めいたします。
私は極度の高所恐怖症なので、見ているだけでガクブルでしたが。。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。