スポンサードリンク

ハワイヒルトンラグーンタワーからの絶景オーシャンフロントビュー♪


HGVCでオアフ島ヒルトンハワイアンビレッジラグーンタワーに宿泊し、
絶景のオーシャンフロントビュー体験をしてきました。
HGVCのハワイ旅行でのオーシャンビュー体験は今回が4回目ですが、
ホテル客室の前面が全て海というオーシャンフロントは初体験です。
2ベッドルームプレミア客室内の様子は前回ご覧いただきましたので、
今回はラナイ(ベランダ)から眺めるオーシャンフロントビューという
絶景のハワイの青い海の景色をご覧いただきたいと思います。

ハワイアンビレッジラグーンタワーからのオーシャンフロントは
外洋に突き出たデュークカハナモクラグーンからのビューなため
ダイアモンドヘッド方面からアラモアナビーチパーク方面まで
180度パノラマ的景観の素晴らしいオーシャンフロントビューです。
2ベッドルームプレミアのオーシャンフロントビュールームには
海側に並んだリビングルームとダイニングルームそれぞれに
独立したラナイ(ベランダ)がリクライニングチェアやテーブル付きで
配置されていますので、真っ青な大海原と広々とした空という
極上のビーチリゾート空間を自室で思うままに堪能できるのです。
HGVC/ヒルトングランドバケーションクラブオーナーならではの
メリットは、こういったスィートルーム並みのVIP客室ルームに
手軽な価格で宿泊できるというところにあるのだと思います。

HGVCラグーンタワーL766ダイニング1.JPG HGVCラグーンタワーL766ダイニング2.JPG

ラグーンタワーオーシャンフロントL766ラナイ1.JPG ラグーンタワーオーシャンフロントL766ラナイ2.JPG

今回宿泊したヒルトンハワイアンビレッジ内ラグーンタワーの
L766号室は、その部屋番号が示すとおりラグーンタワー7階にあり
24階建てのラグーンタワー内では比較的低層階にあたるため、
パラダイスプールを始めとする地上の様子が比較的間近に見えます。
私は高所恐怖症なので、過去に宿泊した高層階の部屋よりは、
低層階の方が地に足が着いた感じて個人的には落ち着く気がします。

ラグーンタワーL766から見たラグーン.JPG ラグーンタワーL766から見たパラダイスプール.JPG

低層階のためラナイのリクライニングチェアに寝そべった状態でも
正面のラグーン、海、空の様子が見えるのも嬉しいですね。
高層階でラナイのリクライニングチェアに寝そべった状態の場合は
地上の様子は見えず、海と空だけが見え空中に浮いているような
天空の城にいるような感覚になりますが、高所恐怖症には辛いので
どちらが良いかは個人的な好みの問題だと思います。

ラグーンタワーL766ラナイリクライニング1.JPG ラグーンタワーL766ラナイリクライニング2.JPG

ではヒルトンハワイアンビレッジ内ラグーンタワーL766号室からの
絶景オーシャンフロントビューパノラマ風景をご覧頂きましょう。
まずダイアモンドヘッド方面ですが、レインボータワーがあるため、
L766号室から直接ダイアモンドヘッドを見ることはできません。
お部屋の正面はデュークカハナモクラグーンとその先の海が見渡せ
この正面の景色こそオーシャンフロントビュールームの特権です。
部屋タイプにもあるとおり、まさにプレミアムな景観といえますね。

ラグーンタワーL766オーシャンフロントビュー1.JPG ラグーンタワーL766オーシャンフロントビュー2.JPG

アラモアナ方面は、ビーチパーク先端のマジックアイランドと、
その先のパールハーバー方面の海を見渡すことができます。
視線を右側に移すと、眼前にはアラワイヨットハーバーが広がり
その先にはホノルルダウンタウンの高層ビル群が見えます。

ラグーンタワーL766オーシャンフロントビュー3.JPG ラグーンタワーL766オーシャンフロントビュー4.JPG

ヒルトンラグーンタワーオーシャンフロントビューからの景観は
大きく弧を描く大海原の水平線を一望できるパノラマ景色と
美しいサンセット風景で有名なアラワイヨットハーバービューが
一度に楽しめる贅沢なオーシャンフロントビュールームなのです。

 ⇒ ヒルトンハワイアンビレッジ内の詳細・ホテル宿泊・航空券予約はこちらから♪

次回は時間とともに刻々と変化するオーシャンフロントビューを
画像付きでご紹介しますので楽しみにしていてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。