スポンサードリンク

ハワイホノルル空港行き航空チケットをHISで予約する2011年


2011年9月のハワイワイキキへの旅行に向け
HISでハワイホノルル空港行き航空チケットを予約しました。
我が家の毎年恒例となっているハワイワイキキへの旅行は、
数年前にHGVC(ヒルトングランドバケーションクラブ)の
オーナーシップを取得して以来、パッケージツアーではなく
事前にHGVCでヒルトンハワイアンビレッジの部屋を予約して
ハワイホノルル空港への航空チケットのみを別途購入する
というスタイルになっているからです。

2011年9月9日出発のハワイワイキキへの旅行に向け
HISで航空チケットを予約したのはGW明けの5月15日です。
予約購入可能なホノルル空港行き航空チケットの中で
一番価格の安いディスカウント航空券を希望したところ、
航空会社はチャイナエアラインという回答を得ました。
ハワイホノルルまでの航空チケット代金は往復1人66,000円、
航空保険料・燃油サーチャージ料金が1人往復18,200円です。
アメリカ出入国税等4,850円、成田空港施設使用料2,040円、
成田空港保安サービス料500円、手配旅行取扱い料金5,250円
を加えると、ハワイホノルル空港までの格安航空チケット代は
1人あたり96,840円ということになりました。

 ⇒ ヒルトンハワイアンビレッジ内の詳細・ホテル宿泊・航空券予約はこちらから♪

ちなみに、今回のハワイホノルル行きHIS格安航空チケットは
7日間FIX航空券なので旅行先での予約変更は出来ないタイプ。
旅行券取得後はキャンセル料が最低でも30,000円かかります。
アメリカ合衆国へ入国の際の事前手続きEATA取得の他、
パスポートの残存期間は6ヵ月+ハワイ滞在期間以上の日数が
必要となるというのも事前のチェックポイントですね。

さて、チャイナエアライン自体の航空会社としての評判ですが
航空会社名に「チャイナ」とつくので心配する向きもあります。
しかし、過去にチャイナエアラインを利用した際も快適でしたし
今回も乗り心地等を含め特に不満は全くありませんでした。
それどころか、チャイナエアラインは機内食が日本人の口に合う
アジアンテイストなメニューと味付けなので、デルタ航空など
欧米系の航空会社よりもむしろ快適に感じます。
CAもアジア系が殆どなので接客態度も丁寧で気持ちいいです。
ですから、チャイナエアラインと聞いて敬遠するよりは
むしろ積極的に利用すると良いのではないでしょうか。

最後に、格安パックツアーを利用せず航空券単体購入による
ハワイへの運賃1人96,840円の妥当性についてお話ししましょう。
確かに格安パックツアーなら4泊6日かそれ以上の滞在日数で
もっと値段の安いハワイ旅行ツアーはあるでしょう。
しかし、HGVCのタイムシェアシステムを利用することにより
最高のオーシャンビューを楽しめるVIPスイートルームの
ホテルコンドミニアムに滞在するツアーだとしたらどうでしょうか?
その詳細については次回以降に画像つきで紹介していきますので
どうか楽しみにしていてくださいね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。