スポンサードリンク

大連労働公園のディズニー違法コピーと公衆トイレ事情など


大連旅行の際の宿泊ホテル、中山大酒店付近を散策していると
巨大なサッカーボール状のオブジェがある公園を見つけたので
散歩のついでに行ってみることにしました。
この公園は、大連市民の憩いの場でもある「労働公園」です。

大連労働公園の巨大サッカーボールオブジェ.JPG

しかし、この労働公園の案内板にあるキャラクター、
モロにミッキーマウスとミニーちゃんだというのが笑えます。
中国国内なら何やっても関係なし。文句は内政干渉だからねっ!
という開き直りでしょうか。。

大連労働公園の案内板.JPG

大連労働公園内は、この日は休日ということもあり、
早朝にもかかわらず太極拳を舞う人々で賑わっていました。

大連労働公園の太極拳1.JPG 大連労働公園の太極拳2.JPG

園内には中国風の庭園もあり、ベンチでは若い中国人カップルが
人目もはばからずにイチャついています。
中国も民主化の波に晒されてやっと自由恋愛が解禁された
ということなんですね。心の底からオメデトウ!同志達よ。

大連労働公園内の中国風庭園.JPG

公園内にはこんな怪しすぎる見世物小屋もオープン。
朝早くて準備中だったので中は見られませんでした。残念!

大連労働公園内の見世物小屋.JPG 大連労働公園内の見世物小屋看板.JPG

さて、遠くからも目立つサッカーボール状のモニュメント、
実は内部は芸術館なんだそうです。
大連市はサッカーが人気で盛んな都市なので、
大連市としての象徴的意味合いもあってこの姿なんでしょうね。

大連労働公園内のサッカーボール型芸術館.JPG

大連市労働公園の園内にはちょっとした遊園地施設がある他、
山頂のテレビ塔へのリフトも運行されていて、
ちょっとした市民のプレイスポットといった感じです。
小高い園内の先へは緩い傾斜地になっているため、
大連市内の様子がこんな風に一望できますよ。

大連労働公園から望む大連市内高層ビル群1.JPG 大連労働公園から望む大連市内高層ビル群2.JPG

大連市労働公園を散歩中に困った点がひとつ。
公園内の公衆トイレが有料だったことです。
トイレの建物には管理人みたいな男が常駐していて、
入ろうとしたら使用量5角を要求されました。
日本では公園内の公衆便所は無料が当たり前ですが、
トイレマナーの悪い中国は公園内トイレが有料の場合があります。
散策の際は注意してくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。