スポンサードリンク

大連市内レストラン天天漁港で海鮮中華料理を堪能する


大連旅行へ行った際、大連は漁業も盛んな港町なので
大連ならではの海鮮中華料理を食べたいよね!
と思い、中国人ガイドに頼んでレストランを予約しました。
ガイドお勧めの海鮮中華レストラン名は「天天漁港」。
前回のしゃぶしゃぶ店「英都肥牛」もそうでしたが、
中国の飲食店名って分かりやすくストレートでいいですよね。
旨い物食わせるぞー感が満点って感じで個人的に好きです♪

大連海鮮中華レストラン「天天漁港」.JPG

さて、港町大連ならではの海鮮中華料理ですが、
スタートはのっけからヒラメの刺身の舟盛りであります。

大連海鮮中華「天天漁港」ヒラメ刺身舟盛.JPG

これじゃ日本のまんまじゃないの!?と憤りたくなるのを
日中友好のための丁寧なご挨拶に違いないと考えを改め
次なる料理に想いを馳せると、やってきました海老料理。

大連海鮮中華「天天漁港」殻付海老のオードブル.JPG

味付けはエビチリのようでエビチリでない、
殻付き海老でオードブル的な位置づけの中華らしい味わいです。
他にも本格中華らしい味わいの料理の数々が登場しました。

大連海鮮中華「天天漁港」前菜盛り合わせ.JPG

そしていよいよ本日のメインディッシュの登場です。
何という種類の魚かよく分かりませんが、
シャチホコのように身を反らせ唐揚げにされた巨大な魚に
甘酢あんかけソースがこれでもかと振りかけられているその様は
まさに溶解しかかった巨神兵のようだともいえるお姿。

大連海鮮中華「天天漁港」魚唐揚げあんかけ.JPG 大連海鮮中華「天天漁港」ハマグリと青菜のスープ.JPG

最後は潮汁風味付けの蛤のスープで上品に締めごちそうさま。
いやはや、淡白な白身の刺身からゴテゴテのド中華まで
清濁併せ飲むというか、すさまじい雑食パワーというか
中国大連の胃袋の底力を感じた海鮮中華でした。
あなたも大連を訪れたら是非とも海鮮中華にトライしてみては。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。