スポンサードリンク

中国大連で大連風の牛肉&海鮮しゃぶしゃぶを堪能する


大連旅行の際に夕食に何を食べようかと考えていたら
中国人ガイドが「大連風しゃぶしゃぶがお勧めですよ♪」
というので、食べに行ってきました。
大連市内の繁華街にある大連風しゃぶしゃぶの店の店名は
「英都肥牛」〜美味しい牛肉を食べさせてくれそうですね!

大連のしゃぶしゃぶ店「英都肥牛」.JPG

大連風のしゃぶしゃぶは、牛肉などの具を湯がく鍋の湯も
何か秘伝のスープっぽい彩で期待に胸が膨らみます。
こんな所にもきっと中国4000年の歴史が息づいているはず。

大連風しゃぶしゃぶの鍋スープ.JPG

大連風しゃぶしゃぶのつけダレは醤油ベースのあっさり味。
醤油といっても独特な風味で、魚醤とか使っているのかも。
個人的には、日本のしゃぶしゃぶのゴマダレとかよりは
大連風のあっさりつけダレの方が好みの味と感じました。

大連風しゃぶしゃぶの鍋とつけダレ.JPG

さて、いよいよ牛肉のご到着です。
大皿に盛られた牛肉は、日本の牛肉に比べ臭いがきついかも。
でも、独特な風味の先ほどのつけダレと絡めると
何ともエスニックな風味になってさほど気になりません。
大連風しゃぶしゃぶには青菜系の野菜も相当量ついてきて、
しゃぶしゃぶと日本の鍋料理の中間みたいなスタイルですね。

大連風しゃぶしゃぶの牛肉と野菜.JPG

大連市は漁業も盛んな海沿いの港町なので、
海鮮しゃぶしゃぶも名物みたいですよ。
とりあえずお勧めされた活き車えびと活きアワビをオーダー。

大連風しゃぶしゃぶの活クルマエビ.JPG 大連風しゃぶしゃぶの活アワビ.JPG

牛肉をしゃぶしゃぶした同じスープで食べたのですが、
海鮮しゃぶしゃぶにもピッタリ合うその万能感に感激♪
さすが中国4000年の歴史ですよね。

大連風海鮮しゃぶしゃぶ.JPG

飲み物は大連で人気があるという地元のビールにトライ。
サッカーが人気で盛んな大連の地ビールらしく、
ビール瓶の表面にサッカーボール状の模様が見えます。

大連の地ビール.JPG

テーブルの様子を見ていただくと分かりますが、
大連のしゃぶしゃぶは、具材を一つの皿から取り分け
個人用の鍋で個々にしゃぶしゃぶするスタイルなんです。
あなたも大連旅行に行ったら、大連風しゃぶしゃぶを
是非とも味わってみてくださいね。



スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。