スポンサードリンク

大連旅行のオプショナルツアーで旅順日帰り観光へ参加してみました


中国大連へ旅行に行った時のオプショナルツアーで、
旅順日帰り観光バスツアーに行ってきました。
旅順は大連市内から45kmの距離にある旧軍港都市であり、
日露戦争で水師営が設置されるなど日本ではなじみ深い土地ですが、
対外的に一般開放され自由に観光できるようになったのは、
実は2009年の夏とごく最近のことなのです。

旅順白玉山塔の遠景.JPG 旅順白玉山塔の近景.JPG

旅順には、日露戦争での戦場203高地を始め、白玉山、水師営会見所、
旅順博物館といった見所も多く、景勝地としての眺めも良いことから
国家級風景名勝区、国家級自然保護区に指定されています。
2009年夏の旅順大幅対外開放により、これら全てを観光できる♪
とワクワクしながら、早朝にホテルをバスで出発したのです。

203高地入口.JPG 203高地乃木将軍弾丸型記念碑.JPG

今回の旅順日帰り観光バスツアーのルートは、大連市内を出発した後、
旅順駅〜白玉山(はくぎょくざん)〜203高地〜水師営会見所(昼食)
〜旅順博物館というルートです。

旅順水師営会見所.JPG 旅順博物館.JPG

大連市内から約40分ほどバスを走らせると、帝政ロシア時代に建てられた
ロシア建築の旅順駅が見えてきました。
ここから白玉山はもうすぐ目と鼻の先です。
白玉山(はくぎょくざん)〜203高地〜水師営会見所(昼食)〜旅順博物館
の模様は、次回以降にご照会していきますので楽しみにしていてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。