スポンサードリンク

ワイキキアランチーノでメインディッシュ付きイタリアンディナーを体験


ハワイオアフ島ワイキキの本格イタリアンレストランとして
日本人観光客に根強い人気を誇るのがアランチーノです。
アランチーノはオーナーが日本人ということもあり、
味付けも日本人好みの素材の持ち味を生かしたイタリアンなので
日本人の味覚に合った本格イタリアンが楽しめるという訳です。
我が家もハワイ旅行の度にアランチーノを訪れていますが、
アランチーノの場合、嬉しいことに前菜にしろパスタにしろ
本場イタリア流儀でボリュームがあり量が多いので、
いつも前菜やサラダとパスタで打ち止めになっていました。

 ⇒ ワイキキでカジュアルなイタリアンならアランチーノで

 ⇒ アランチーノ・ディ・マーレでワイキキサンセットとディナーを堪能♪

しかし、いつもパスタ止まりのディナーもいかがなものか
ということで、今回は思い切って財布の紐を緩め、
大奮発してメインディッシュをオーダーした本格ディナーを
アランチーノで初体験してみることにしたのです。
アランチーノはワイキキに2店舗ありますが、
最近愛用しているのは、店内も広くゆったりしていて
屋外のテラス席もあるアランチーノ・ディ・マーレです。
場所はワイキキでもダイアモンドヘッド側に位置する
ワイキキマリオットホテルの1階です。
宿泊ホテルのヒルトン・ハワイアンビレッジからは
ビーチウォークにあるアランチーノ本店の方が近いのですが、
JCBカードさえあればワイキキトロリーにタダで乗れるので
ワイキキ市内の移動も楽々簡単という訳なのです♪
アランチーノはワイキキビーチウォーク店にしろ
アランチーノ・ディ・マーレにしろ、とにかく安くて美味しい!
とワイキキでは評判のイタリアンレストランのお店ですので、
ディナータイムは行列待ち必至の人気店です。
行列覚悟で訪れて並んで待つのは時間ももったいないということで、
夜の開店時間の午後5時丁度を狙って訪れます。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレのテラス席201009.JPG

9月下旬以降であれば、午後5時の開店以降の時間は、
丁度サンセットの時間と重なる時間帯になるので、
外のテラス席でサンセットディナーが楽しめますが、
今回の訪問は9月上旬なため午後5時はまだ陽が高く
外のテラス席は暑いので店内のテーブル席を選びました。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレの店内201009.JPG

いつもはオードブル〜パスタで打ち止めのディナーなので
ワインは白ワインの辛口シャブリを選んでいましたが、
今回はセコンドピアット(メインディッシュ)が肉料理
ということで、フルボディの渋〜い赤ワイン、
キャンティ・クラシコ・ルフィーノをチョイスしております。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレのボトルワイン赤.JPG

まず最初に出てくるのはアランチーノ名物のオリーブパン。
岩塩がまぶされていて、香ばしいバルサミコ酢をたらした
エクストラバージンオリーブオイルをつけて頂きます。
このオリーブパンはお店のサービスです。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレのオリーブパン201009.JPG

アンティパストの前菜は、メインもあるので今回は軽めに
ということで定番シーザーサラダをオーダー。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレのシーザーサラダ.JPG

パルミジャーノチーズの風味が効いたドレッシングに
パルミジャーノ・レッジャーノの大きなスライスが盛られ
おまけにアンチョビもトッピングされた贅沢なサラダです♪

ワイキキ・アランチーノシーザーサラダのパルミジャーノ.JPG

パスタはアランチーノでの我が家の定番、いつものやつ。
エビとルッコラのトマトソース・リングィネと、

ワイキキ・アランチーノのエビとルッコラのトマトソース・リングィネ2010.JPG

スパゲティー・ケッカであります。
(トマトソースとモッツァレラチーズのスパゲッティー)

ワイキキ・アランチーノのスパゲティー・ケッカ2010.JPG

そして、初挑戦のメインディッシュとなるのは〜
色々と迷った結果、ラムチョップをチョイスしてみました。
アランチーノのセカンド・ピアットとしてのラムチョップは、
柔らかい骨付き子羊肉(240g)をグリルしたものに
ジャガイモやパプリカなどの野菜のグリルが付け合せとなり
バルサミコソースが添えられているという豪華版。

ワイキキ・アランチーノ・ディ・マーレのラムチョップ.JPG

野菜のグリルは付け合せというには申し訳ないボリュームで
ベイクドポテトがゴロゴロと何個も山盛りになっています。
量が多すぎて嬉しい悲鳴というか、食べきるのに一苦労です。
メインディッシュを頼む時はパスタは一つでいいかも〜
なんて思ってしまうほどの分量ではありました。

ワイキキ・アランチーノラムチョップのバルサミコソース.JPG

イタリアンの場合、中華料理と同じで、
本来は大人数でワイワイ取り分けて食べるスタイルが
本来の食事のあり方なんだろうと思います。
アランチーノを訪れる際は、出来るだけや大人数だと
本来のイタリアンの楽しみ方を満喫できるのではと思いました。
あ、勿論、少人数でも充分美味しくたのしめますよ〜
でも頼みすぎには注意してくださいね。
料理を残すと勿体無いし、お店にも申し訳ないですもんね。
アランチーノでのメインディッシュ付きディナーの後は、
ワイキキクヒオビーチのサンセット風景を楽しんで
ホテルへぶらぶらと戻ることにします。

ワイキキクヒオビーチのサンセット風景.JPG

最近、アランチーノ・ディ・マーレでは朝食も始めました。
ビュッフェスタイルのイタリアンブレックファスト・バイキング
として、本格イタリアンレストランならではの
リッチでヘルシーな朝食が楽しめるようです。
宿泊ホテルが近いならこちらもお勧めですよ。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。