スポンサードリンク

ノースショア穴場の海がめに出会えるビーチスポットはアリイビーチ


ハワイオアフ島ノースショアで海亀に出逢える
通称「かめビーチ」といえばラニアケアビーチが有名ですが、
最近は観光客が増えたため観光客から海亀を保護する意味で
砂浜に上がったウミガメの周囲を囲うようになりました。
海がめ保護のためには仕方のない事とはいえ、
はるばるノースショアまでオプショナルツアーで来たのに
柵越しに海ガメを眺めるというのも気分が萎えますよね?
まぁ、ラニアケアビーチの場合、シュノーケリングが出来れば
海中で海亀を眺める事はできる訳ですが、泳げない方とか
小さなお子様の場合は海亀と一緒に泳ぐのは中々難しいです。

 ⇒ ハワイオアフ島ノースショアラニアケアビーチで海ガメのシュノーケリングデジカメ撮影に成功♪

そこで、今回はハワイオアフ島ノースショアで、
海がめに遭えるもう一つの穴場ビーチをご紹介いたします。
ノースショアでウミガメに出逢える穴場ビーチは
アリイビーチという地元の人しか訪れない静かなビーチです。
ノース最大のサーフショップSurf&Seaの先にある
ハレイワオールドタウンの入口の橋を、街の方へ行かずに
ハレイワロード(Haleiwa Rd)に沿って
ヨットハーバーの方へ右折した公園沿いにあるビーチです。

ハワイオアフ島ノースショア付近の地図はこちら
         ↓
http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=21.621686,-158.064766&spn=0.122879,0.299377&z=12&brcurrent=3,0x0:0x0,1

ハレイワオールドタウンとの分岐店にガーリックシュリンプの
ブルーウォーターシュリンプのエビワゴンが留まっているので
そのエビ屋台を目印にしてください。

ノースショアハレイワ入口のブルーウォーターシュリンプえびワゴン屋台.JPG

このヨットハーバーというかドックというか船着場には
ノースショア・シャーク・アドベンチャーという
鮫への餌付けを見せるオプショナルツアー会社があります。

ノースショアのヨットハーバー.JPG

ブルーウォーターシュリンプのエビ屋台前を右折して、
ヨットハーバーを通り抜けて公園の中を進んで行きます。
この公園はハレイワ・アリイ・ビーチパークといいます。
(Haleiwa Ali'i Beach Park)

ノースショア・ハレイワ・アリイ・ビーチパーク.JPG

この先の建物の裏側のビーチが海がめが砂浜に上がってくる
秘密のポイントでアリイビーチの海がめスポットになります。

ノースショア・ハレイワ・アリイ・ビーチパークのゲストハウス.JPG

ノースショアの秘密の海がめビーチ、アリイビーチは、
少人数の地元ローカルが日光浴をしていることはあっても、
観光客と出逢うことはほとんどありません。
ビーチ沿いの公園内にシャワー・トイレ施設がありますので、
泳いだりシュノーケリングには不自由することはないでしょう。

アリイビーチで見ることのできる海がめですが、
餌付けされているラニカイビーチの海がめとは違い
完全に自然状態で生活している海がめということですので、
海がめに出逢えるかどうかは海がめの気分次第という
その時の運任せということでした。
2年前にオプショナルツアーでアリイビーチを訪れた際は、
海がめが海岸の砂浜に上がり甲羅干しをしていて
運よく海がめに出逢う事ができたのですが、
さて、今回はどうでしょうか。

ノースショアの海がめビーチ・アリイビーチ.JPG

今回は見たところ海がめの姿が見当たりません。
残念!と思って海を眺めていると波打ち際の先の海中に
黒くて丸い影が…もしかして海がめ!?

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・海中.JPG

間違いありません!正真正銘のハワイの海がめHonuです♪
しかも波打ち際をこちらに向かって泳いできます!

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・波打ち際の海中.JPG

何という幸運でしょうか。
まるで私達の来訪を待っていて歓迎するかのごとく、
ハワイの海がめが海中から波打ち際へと姿を現し、
目の前のビーチの砂浜へと上がってきたのです。

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・上陸寸前の波打ち際.JPG

波打ち際をこのように

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・波打ち際から上陸.JPG

よっこらしょ

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・上陸寸前.JPG

よっこらしょと上ってきます。

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・上陸完了.JPG

遂に上陸完了!

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・上陸後正面.JPG

海がめさんは暫くの間アリイビーチの砂浜に横たわり、
気持ち良さそうに日光浴をしていました。
首の脇におできのような膨らみがあって、
ちょっと痛々しい感じがしますね。

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・真正面.JPG

暫くすると海がめは踵を返し海中へと去っていきました。

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・海へ帰る波打ち際.JPG

私達を優しく迎えてくれてありがとう。海がめさん。
まるで映画のワンシーンのようで感動しました!

ノースショア・アリイビーチのウミガメ・海へ帰る.JPG

今回の幸運な海がめとの遭遇ですが、後から考えると
タイミング的にもちょっと出来すぎですよね?
推測するに、このアリイビーチの野生のウミガメも、
何らかの形で人間に餌付けされている、
つまり人間から餌を貰うことが習慣化してしまい、
人間の気配を感じると近寄ってくるようになった
と考えるのが自然なのかもしれませんね。
もしそうだとしたら、ウミガメにとって良い事なのか
と複雑な心境にもなってしまいます。

ウミガメの姿を見ることができるのは本当に嬉しいですが、
野生の動物はできるだけ自然のままにしておくことが
彼らに対しての優しさだと思うからです。
もしハワイでウミガメに出会うことがあったなら、
どうか遠くからそっと見守ってあげてください。
今回撮影した海ガメの画像も、実際にはある程度離れた距離から
望遠ズームレンズで撮影したものなのです。

なお、ハワイでは、野生のウミガメに触ることは
ハワイの州法、法律で禁止されていますので、
そのことも忘れないでくださいね。
ちなみに、ウミガメがビーチの砂浜に上がってくる時間帯は
午後1時以降の時間帯が多いということですので、
ビーチを訪れる時間も計算して出かけた方がいいと思います。

 ⇒ ハワイオアフ島ノースショアアリイビーチで海亀をシュノーケリングデジカメ撮影♪

 ⇒ ハワイオアフ島ノースショア海亀ビーチの最新事情(2016年秋)

 ⇒ ハワイ旅行水中撮影用防水デジカメを激安購入して現地でもトクする極秘口コミ情報
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。