スポンサードリンク

アランチーノ・ディ・マーレでワイキキサンセットとディナーを堪能♪


ハワイワイキキ滞在の際の食事は、もっぱら中華プレートランチ
ハワイアンローカルフードでのんびりホテルで部屋メシ派なのですが、
せっかくの海外旅行なのでたまにはレストランで外食したいよね♪
という気持ちもないわけではありません。
そこでワイキキ滞在中に必ず訪れるのがイタリアンのアランチーノ。
 ⇒ ワイキキでカジュアルなイタリアンならアランチーノで
アランチーノはワイキキ中心街にありながらリーズナブルなお値段で
オーナーが日本人であることから味付けも日本人好みですし、
料理のボリュームもあるので日本人観光客に人気絶大のイタリア料理店。
ハワイ・レストラン・ランキング イタリアン第1位に輝く人気店です。
(地球の歩き方、オノリシャスアワード2008調べ、
VISAインターナショナル2008調べ)
アランチーノ/Arancinoは2009年現在ワイキキに2店舗あって、
本店というか元祖アランチーノともいえる1号店は、
ワイキキビーチウォークにあるアランチーノ・ビーチウォーク店です。

View Larger Map
アランチーノ・ビーチウォーク店はこじんまりとした店構えで、
イタリアのトラットリアやタベルナ(大衆食堂)の雰囲気満点ですが、
客席のテーブルが狭く、テーブル間のスペースが狭いので、
混雑時はちょっと窮屈な感じがするかもしれません。
そんなところがまたイタリアっぽいと云えるのかもしれませんが、
味については文句なしで、ワイキキでイタリアの庶民的雰囲気を味わえる
非常に貴重なイタリアンの名店といえるでしょう。
数年前にオープンされたアランチーノ/Arancinoのもうひとつの店舗は、
アランチーノ・ディ・マーレ/Arancino di Mareといい、
ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパの1階にあります。

View Larger Map
ビーチを望むオープンエアーのテラス席を備えているのが特徴で、
夕暮れ時にはワイキキビーチのサンセット風景を眺めながら
イタリアンディナーを楽しむことができますので、
ハワイの雰囲気を満喫しながら食事を楽しむことができます。
アランチーノ・ディ・マーレは客席間のスペースもゆったりしているので、
のんびりゆったりと食事を楽しめるということで、
ここ数年はもっぱらアランチーノ・ディ・マーレを利用しています。
アランチーノ・ディ・マーレは以前常宿にしていた格安ホテル
ワイキキサンドビラからも徒歩数分と近いので、
ビーチウォーク店よりは地理的に便利だというのも理由のひとつです。
昨年からヒルトングランドバケーションクラブHGVCメンバーになり、
アランチーノ・ディ・マーレは距離的に相当遠くなってしまいましたが、
JCBカードがあればワイキキトロリーピンクラインに無料で乗れるので、
ワイキキ市内の移動には全く不便はありません。
実はわたしはJCBカードを持っていなかったので、ワイキキトロリー用にと
ハワイ旅行の前に年会費永年無料のJCBカードを作りました。
わたしがお勧めする年会費永年無料のJCBカードはこれです。

 ⇒ 年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」
楽天カードは年会費永年無料のうえ、カード新規入会すると
楽天スーパーポイントが2000ポイントも貰えます。
これはカード新規入会で2000円の商品券が貰えるのと同等のサービスで、
しかもカードを利用するごとに楽天スーパーポイントも貯まるので、
年会費永年無料なのにものすごくお得なカードです。
ハワイ旅行ワイキキトロリー用だけのために作ったカードなのですが、
現在はすっかりわたしのメインカードになってしまいました(笑)。

 ⇒ 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
さて、今回のアランチーノ・ディ・マーレでのディナーですが、
開店と同時に入店し、ワイキキビーチサンセットの風景を楽しめる
オフア通り沿いのテラス席をセレクト。
ドリンクは白ワインの1番安いレ・リメの1/4ボトルQuartio(15$)です。
アランチーノディマーレテラス席とテーブルワイン.JPG
アランチーノはサービスで出てくるオリーブパンが抜群に美味しくて、
バルサミコ酢とオリーブオイルをつけて食べていると、
これだけでワインボトル一本くらいは飲めてしまいそうです。
アランチーノオリーブパン1.JPG
このパンだけテイクアウトで買えないかなぁ〜といつも思うほど、
アランチーノのオリーブパンは美味しいです。
アランチーノオリーブパン2.JPG
前菜の一品目は我が家の定番ともいえるバーニャ・カウダ(12$)。
バーニャ・カルダともいわれるこのミラノの北の郷土料理は
「いろいろ有機野菜のオイルフォンデュー」とメニューに書かれており、
ニンニクとアンチョビ風味のオイルフォンデューソースが絶妙です。
アランチーノのバーニャ・カウダ.JPG
残ったソースはもったいないので、オリーブパンですくって
一滴たりとも残さずに平らげることにしています。
アランチーノのオイルフォンデューソース.JPG
普段は前菜一品の後はすぐにパスタへ移行しますが、
今回はちょっと奮発して前菜としてもう一品をオーダーしてみました。
温製カジキマグロのカルパッチョ風サラダ(10$)です。
アランチーノの温製カジキマグロのカルパッチョ風サラダ.JPG
前菜のあとはいよいよパスタの登場です。
エビとルーコラのトマトソース・リングィーネ(22$)は
いつもオーダーする我が家の定番パスタですが、
いつ食べてもトマトソースの味が絶妙で大変美味です。
アランチーノのエビとルーコラのトマトソース・リングィーネ.JPG
パスタのもう一品は、今回はニョッキ・ジェノベーゼ(16$)。
しっかりとコクのあるジェノベーゼソースがからまったニョッキは
ジャガイモのでんぷん質と相まってボリューム満点です。
アランチーノのニョッキジェノベーゼ.JPG
アランチーノは料理のボリュームが相当ありますので、
2人だとこの時点でお腹一杯でギブアップです。
アランチーノはワイキキで行列のできる人気店のひとつですので、
並んで待たずに食べるのなら、ランチは軽めに済ませて
開店時間の5時を狙って行かれるのがいいと思います。
(文中の価格は2009年9月時点のものです。)
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。