スポンサードリンク

ワイキキで最高の喫煙スペースは?ハワイワイキキでの喫煙事情


ハワイはアメリカ合衆国なので喫煙マナーについて非常に厳しく
ハワイ州法で喫煙可能な場所が非常に制限されていますので、
ハワイ旅行の際は喫煙場所に注意が必要です。
公共の場所はほとんど禁煙スペースだと思って間違いなく、
喫煙できる場所は、建物の入口から離れた屋外の場所くらいです。
ハワイは観光地なため以前は喫煙に対してさほど厳しくなかったのですが、
2006 年11 月16 日から施行された新喫煙法施行により、
禁煙となる公共の場所が、レストラン、バー、ナイトクラブ、
ショッピングセンター、空港、公共交通機関(バス・タクシー等)、
ホテルのロビーや通路、スポーツ・アリーナ、屋外アリーナ、
スタジアム、円形競技場等の座席部分、
チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居等と定められ、
これら公共スペースの出入り口から20 フィート(約6 メートル)圏内も
同時に禁煙区域に指定されることになりました。
ですから、ハワイ旅行の際には、建物内はホテルの部屋も含め
全て禁煙で、ホテルのラナイ(ベランダ)ももちろん禁煙ですから、
ホテル内ではほとんどタバコは吸えないと思った方がいいでしょう。
そうはいっても、ホテル側も喫煙者の宿泊者のために喫煙所は用意しており、
新喫煙法に違反しないホテル敷地内の場所に喫煙スペースがあります。
でも大抵は駐車場の端っことか、隣の建物との間の壁際とかで
環境はあまり良くありませんので、ハワイでのんびりタバコを一服
というのはあまり期待しない方がいいでしょう。

そんな禁煙スペースばかりのワイキキ中心街ではありますが、
意外なことにワイキキ免税店DFSギャラリアに限っては
のんびりとタバコが吸えるスペースが用意されています。
ワイキキ免税店DFSギャラリアには喫煙スペースが2か所あり、
1カ所はトロリーや観光バスが横付けされる噴水側の出入り口の脇
山側(アラワイ運河側)のベンチスペースです。
DFSギャラリアトロリー停留所付近.JPG

もう1カ所は意外なことにDFSギャラリア1階奥のスターバックスコーヒーで、
日本のスタバが全席禁煙なことから盲点で気付かない方も多いのですが、
ワイキキDFSギャラリアのスターバックスは全席屋外のテラス席なので、
日本のスタバの屋外テラス席が喫煙可なのと同様にタバコが吸えるのです。
ワイキキDFSギャラリアのスタバはスペースも広く席も多いので、
混み合っていなければ、コーヒーなどのドリンクを買わなくても
タバコだけ吸いにのんびりとテラス席に座っていても大丈夫です。
混んでいる時は、植え込みの縁にでも腰掛けてタバコを吸えば
特に飲み物をオーダーしなくても煙草を楽しむことができます。
恐らく、ワイキキで一番タバコをのんびり気兼ねなく吸えるのは
意外にもワイキキDFSギャラリアのスタバなのではないかと思います。

※DFSギャラリアワイキキのスターバックスコーヒーは2012年夏に閉店してしまいました。

 ⇒ ワイキキ最高の喫煙所DFSギャラリアのスターバックスコーヒーが閉店!

ところで、ハワイでの路上喫煙についてはどうでしょうか?
最近の日本では路上喫煙が厳しく取り締まられるようになり、
都心部では区の条例で公道での路上喫煙に罰金が科せられる
というケースも目立つようになってきました。
しかし、ハワイの場合、建物内での喫煙については厳しいですが、
公共スペースの出入り口から離れた屋外での喫煙には比較的寛容なため、
公道脇など路上での喫煙者を良く見かけます。
逆に云うと、路上での喫煙を禁止してしまうと喫煙場所がなくなる
という位に建物内や出入り口周辺での禁煙が徹底されている訳なのですが、
このあたりは日本での感覚のままでいると勘違いしやすいので
ハワイ旅行の際は十分に注意が必要です。

ハワイでは、路上喫煙が認められていることもあり、
歩きタバコをしている白人観光客や地元民も時折見かけます。
しかし、歩きながらの喫煙はマナー的に褒められたものではないですし、
特にワイキキ中心街は人通りが多く混雑している事が多く
他の歩行者の迷惑になりますので止めた方がいいと思います。
路上などの屋外で喫煙する場合は、周囲に人がいないことを確認のうえ、
携帯用灰皿を必ず持参して街を汚さないように喫煙するのがマナーです。
ハワイ州法の新喫煙法に違反した個人に対しては
最大50ドルの罰金が科せられますので、ハワイ旅行の際の喫煙には
十分すぎるくらいの注意が必要だと思います。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。