スポンサードリンク

釜山で焼肉|絶品骨付きカルビを焼き塩で食す


韓国が焼肉の本場というのは誰もが知るところですが、
本場韓国の焼肉が日本人の口に合うのか?というと
色々と意見が分かれるところではないでしょうか。
実際、以前にソウルへ旅行した際に食べた焼肉の味は
日本人のわたしにとっては、ちょっと甘すぎるというか
タレの味付けがしつこかったような気がします。
日本人としては素材の肉の旨みを前面に出してほしい
というのが偽らざる心境です。
さて、そこで今回の釜山旅行の際の焼肉ですが、
そうはいってもやはり韓国に旅行へ来たなら
とりあえず焼肉は食べておきたいよね!ということで、
ガイド推薦の国際市場の焼肉店へ行って見ました。
韓国の焼肉といえば、何と言っても骨付カルビですが、
骨付きカルビ塩1.JPG
このお店は一般的なタレに漬け込んだ骨付カルビの他、
味付け無しの骨付カルビを焼いて焼き塩を付けて食べる
という日本人の心をくすぐるメニューがあります。
焼肉の味の良し悪しは、肉質とタレで決まると思いますが、
タレの味付けが濃すぎると肉の味が分からなくなります。
その点、味付け無しで焼いた骨付カルビを塩で食べる
というのは、まさに素材の味のみで勝負する
ごまかしのきかない王道の焼肉調理法といえるでしょう。
骨付きかルビ塩2.JPG
そして、この釜山国際市場の塩で食べた骨付カルビは、
炭火でニンニクと一緒に味付けをしていない骨付カルビを焼き、
自家製の焼き塩を付けて食べるというシンプルな調理法ですが、
肉は熟成が効いていて肉汁と旨み成分が口中に広がる絶品の味。
やはり、焼肉は余計な味付けはせず、
シンプルに肉の旨みのみを味わうのが王道と思います。
思えばTボーンステーキ、ビアステッカなど
肉料理のグリルの王道は全てこのスタイルですね。
釜山に行ったら、是非、塩で食べる骨付カルビを試してみてください。
ちなみにお店は国際市場の周辺のビルの確か4階で、
お店の名前は「牛田カルビ専門店」という名前です。
日本人観光客には有名なお店ということで、
ママは若く日本語が堪能で中々の美人でした。
| 韓国
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。