スポンサードリンク

トルコカッパドキア岩窟群の光景は超古代文明核戦争の名残なのか?


トルコの世界遺産で人類の歴史上でも様々な憶測を呼んでいるのが
トルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群です。
このトルコの世界遺産ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群は
トルコ中部のネヴシェヒール地方のアナトリア高原にあります。
この場所には4世紀頃、ローマ帝国の迫害から逃れた
異端とされた初期キリスト教徒たちが隠れ場所として使用するため
横穴式の岩の修道院や教会を作ったことでも知られており、
その数は360にも上ると言われています。
キリスト教徒により建立された聖堂も多数存在し、
聖堂の中にはビザンチン様式のフレスコ画と呼ばれる壁画が
今も色鮮やかなまま残されていて、貴重な歴史遺産となっています。
また、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群の地域には、
オオカミやキツネといった野生動物も多数生息しており、
100種類以上の野生植物も自生してることから、
貴重な動植物の生息地としても知られている場所です。
カッパドキアの岩窟群は摩訶不思議な奇岩が織りなす光景でも知られ
この奇岩の群れのカッパドキアの岩窟群がどのようにしてできたのか
ということが議論を呼んでいるのです。
一般的には、カッパドキア岩窟群の奇岩は、
エルジェス山、ハサンダウ山の噴火による灰石が風化・侵食を繰り返し
時間が経過することにより形成されたといわれています。
しかし、この奇岩群の形成は核爆発により起こったという説もあり、
古代人類は核戦争で一度滅んだという仮説を立てる方もいます。
カッパドキア岩窟群の奇岩がどのようにしてできたのかについては
その真相は闇の中ですが、様々な憶測や仮説を呼ぶほどに
カッパドキア岩窟群の光景は摩訶不思議な前代未聞の風景なのです。
ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群を訪れたなら、
古代太古の人類が作りだしたまだ見ぬ超古代文明に
思いを馳せてみるのもロマンがあっていいと思いませんか?
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。