スポンサードリンク

オーストラリアへの新婚旅行はEasy Goingで大自然を満喫


新婚旅行の行き先としてオーストラリアを選ぶ新婚カップルも多くなり、
海外の新婚旅行先としてオーストラリアの人気が高まっています。
海外の新婚旅行先でオーストラリアの人気が高い理由のひとつとして、
日本との時差がほとんどないことも理由のひとつでしょう。
時差ボケというのは思っている以上に身体の負担となるので、
新婚旅行での余計なストレスは避けたいと考えている方にとっても
オーストラリアは新婚旅行先として好んで選ばれているようです。
オーストラリアへの旅行で注意すべき点は、南半球の国ですので、
北半球の日本とは季節が逆になっているということです。
また、赤道直下から南極圏近くまで非常に広大な国土を持つ国なので、
旅行する都市や地域によっても気候などが大きく異なります。
従って、新婚旅行先がオーストラリアに決まったなら、
まずは旅行へ行く時期と目的地の気候を調べることが大切ですよ。
例えば、シドニーは11月〜2月の夏が、
また、ケアンズは雨が少ない9月〜11月がベストシーズン
といわれるように、エリアによって旅行シーズンが異なるからです。
さて、オーストラリアに旅行に行ったなら、世界最大の珊瑚礁、
世界遺産グレートバリアリーフでのダイビングやシュノーケリングは、
是非楽しみたいところですよね。
但しオーストラリアはサメによる被害が多い地域で、
最近も鮫被害が頻繁に報告されていますので、
マリンスポーツの際は現地ガイドやライフセーバーなどの情報に
よく注意して海に入るようにしてくださいね。
また、オーストラリアへの新婚旅行ということであれば、
世界最大の一枚岩エアーズロックに沈む夕陽を
実際にこの目で見てみたい、と誰もが思うのではないでしょうか。
このように、雄大でほとんど手つかずの大自然が
何といってもオーストラリアの最大の魅力です。
せっかくの新婚旅行で訪れるなら、このオーストラリアの大自然を
満喫する時間も十分取りたいところですよね。
それから、オーストラリアと言えば可愛い動物も見逃せませんよ。
中でも可愛らしいコアラとカンガルーが有名ですよね。
せっかくですからコアラを抱っこして写真を撮りたいところですが、
コアラを抱いての写真撮影は州によっては禁止されていて、
ブリスベンのローンパインコアラ保護区では
コアラを抱いて写真撮影できますが、
ニューサウスウェールズ州では
コアラを抱いての写真撮影は禁止されていますから、
そういった現地情報にも注意を払ってください。
オーストラリアにはそれ以外にも、
ウォンバットやタスマニアンデビルなど
オーストラリア固有の特徴ある動物が生息していますし、
メルボルン郊外のフィリップ島では
体長わずか30cmほどの野生のリトル・ペンギンの大軍が、
日没とともに海から陸上の巣へ戻ってくる「ペンギン・パレード」の姿を
観察することができて観光客に大変な人気となっています。
オーストラリアは国民性にも特徴がありますよ。
Easy Goingを信条とするオーストラリア人はとにかく大らかです。
英語は訛りの強いオーストラリア独特の発音によるもので
オージーイングリッシュと呼ばれています。
オージーイングリッシュはヒアリングに相当苦労しますけど、
Easy Goingで気にせずコミュニケーションするのがオージー流ですよ。
日本の22倍の広さを誇るオーストラリアへの新婚旅行では、
雄大な大自然と、南半周、南十字星という
日常生活を離れたオーストラリアのシチュエーションが、
あなたの新婚旅行を忘れられない一生の宝物にしてくれることは
間違いないでしょう。
一生に一度の新婚旅行ですから、是非オーストラリアの素晴らしい自然を
思う存分に満喫してきてくださいね。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。