スポンサードリンク

新婚旅行を一生に一度の大切な思い出にするならタヒチツアーへ


一生に一度の新婚旅行を大切な時間を思い出深いものにするなら、
新婚旅行代金は高めになりますが、タヒチに行かれることをお勧めします。
タヒチの正式名称はフランス領ポリネシアで、フランス領であるタヒチは、
どこかフランスの香りが漂うビーチリゾートです。
タヒチは画家ゴーギャンが愛した想像を絶する美しさを持つ楽園で、
ビーチの木陰で何もしないという本当に贅沢な時間を、
どこまでも続く透き通るような海が彩ってくれる楽園なのです。
中でもタヒチの観光地としても人気なのは、
「ポリネシアの真珠」ともたとえられるボラボラ島の海です。
ボラボラ島の海美しさはまさに絶景といえるもので、
空の色を映して海は青く輝き、
その海の青さを映して雲がグリーンに染まる
というその光景は、旅行会社の写真の何倍も美しいものです。
タヒチが地上の楽園と呼ばれる所以はまさにここにあると言え、
訪れた人の全員が心から感激すること間違いなしです。
このようなことから、タヒチは一生に一度の新婚旅行先として
旅行代金は高めながらも人気があるのです。
一生に一度の新婚旅行ですから、特別な思い出として残すためには
非日常を実感できる地上の楽園で過ごしてみたいということは
多くの新婚カップルが思うことなのでしょう。
タヒチの地上最後の楽園を十分に堪能するには、
新婚旅行でタヒチを訪れたら、ホテルではなく水上ヴィラや
バンガローでの宿泊がいいでしょう。
タヒチでの新婚旅行では、贅沢にのんびり過ごして
地上の楽園を十分に堪能してくださいね。
海を見ながらトロピカルカクテルで乾杯、
夜はちょっとおしゃれにフランス料理など、
タヒチでは、まさに夢のハネムーンが実現することでしょう。
タヒチでの新婚旅行をアクティブに過ごすなら、
シュノーケリングやダイビング、 ウィンドサーフィン、セーリングなど、
やはりマリンスポーツをタヒチの美しい海で体験しておきたいですね。
シャーク・フィーディング(サメの餌づけ)もできますよ。
タヒチのリゾートは新婚旅行代金も高めですが、
それでもお金を出すだけの価値があると思える極上リゾート、
それが地上最後の楽園、タヒチなのです。
最近ではタヒチツァー専門の旅行会社も出来ていますし、
海外挙式の結婚式をタヒチで挙げる人も多くなっているようです。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。