スポンサードリンク

米国入国申請手続き変更後の電子渡航認証システム(ESTA)に注意!


米国へのビザなし渡航の入国申請手続きが2009年1月12日に変更されます。
新たに変更される米国へのビザなし渡航の入国申請手続きは、
電子渡航認証システム(ESTA)と呼ばれるもので、
米国へのビザ免除プログラムで飛行機または船での全ての渡航者に対し
搭乗または乗船する前に電子渡航認証の取得が義務付けられます。
従って、ハワイを含む米国への旅行を計画されている方は、
電子渡航認証の取得を忘れたりしないよう注意してくださいね。
電子渡航認証システム(ESTA)については、航空券発券などの際、
旅行会社や航空会社からも説明があることと思います。
米国入国の際の電子渡航認証システム(ESTA)とは、
査証免除プログラム(VWP/Visa Waiver Program)を利用して
米国に入国する全ての旅行者の方は、
米国行きの飛行機に搭乗する少なくとも72時間前に、
米国への渡航に必要な事前渡航認証の承認を取得する必要がある
というものです(船での渡航の際も同様です)。
電子渡航認証システム(ESTA)による事前認証は、
米国国土安全保障省(DHS)が管理するウェブサイト内の、
ESTA (Electronic System for Travel Authorization/電子渡航認証システム)を通じ、認証を得る必要があり、
現在のところインターネット以外の認証方法はありませんので、
必ずインターネットによる認証手続きを行ってください。
アメリカ大使館ホームページにESTAの項目がありますので、
そこをクリックすればESTAについての解説がされています。
また、記事下段の「重要なリンク」の中の
「ESTA(電子渡航認証システム)オンライン申請」をクリックすれば
ESTA認証画面に切り替わります。
ESTA認証画面上段が言語選択になっていますので、
「日本語」を選択クリックして認証手続きを進めてください。
自宅にインターネット環境がないという旅行者の方は、
旅行会社の窓口などを利用するとよいでしょう。
この米国入国に際しての電子渡航認証システム(ESTA)導入は
2007年の米国の「9・11委員会勧告実施法」により義務付けられた
新たな米国への出入国制度です。
ハワイを含むアメリカ旅行を計画している方は、
電子渡航認証システム(ESTA)手続きを
絶対に忘れないようにしてくださいね。
なお、ESTAによる認証の有効期限は2年間です。
(パスポート有効期限が2年以内に切れる場合はパスポート有効期限まで)


▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。