スポンサードリンク

ヒルトン・グランド・バケーション・クラブでタイムシェアを購入


HGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)は、
ハワイ・タイムシェア・リゾートの代表的なもので、
ワイキキDFS GALLALIAジャックポットのハワイアンギフト交換で
説明会参加者を募っています。
 ⇒ ホノルルのヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内のタイムシェアHGVC
HGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)は、
タイムシェア・リゾートの購入資格が世帯収入$65,000以上
とされているため、DFS GALLALIAジャックポットのギフト交換券も
それなりの年齢にならないと当たらないようです。
私もハワイアンギフト交換券が当たるようになったのは
30歳代後半になってからと記憶しています。
最初HGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)説明会に
参加した際は、さすがにその値段の高さに購入は見送りましたが、
2年程後に再度説明会に参加した際には、
ホノルルでの手頃なリゾート物件も見つかったことから、
どうせ毎年ハワイ旅行をするのだからと考えて、
思い切ってHGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)の
タイムシェア・リゾートの利用権を購入してみました。
わたしが購入したのは一番安いタイプのタイムシェア・リゾートで
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのラグーンタワーの一室、
1LDKのガーデンビューの部屋の1週間のタイムシェア使用権が
隔年で発生するというものです。
利用シーズンはハワイ閑散期のゴールデンウィーク後の4週間と、
9月から10月にかけての2ヵ月間。
もちろん変換ポイントを利用すれば、それ以外の時期でも
空いている部屋をポイント内で利用することができます。
変換ポイント数は3400ポイントで、購入価格$12,270。
タイムシェア使用権が発生する年に支払う年間管理費が、
$842になり、これがタイムシェア権保有の諸経費になります。
その他、ハワイ州への登記費用やハワイ州税が若干かかります。
それより安いスタジオというベッドルームのみのタイプの部屋も
ありましたが、毎年決まった時期にハワイ旅行ができる訳でなく
ポイント利用でハワイのタイムシェア・リゾートを利用する
ということを考えると、ホテル宿泊に比べてのメリットがないため、
思い切って1LDKタイプのタイムシェア・リゾートを購入したのです。
ハワイでの思い切った高額の買い物になりましたが、
このHGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)の
ハワイ・タイムシェア・リゾートを利用してハワイ旅行をした
その体験については次回以降、詳しく説明していきます。

 ⇒ ヒルトンハワイアンビレッジ内の詳細・ホテル宿泊・航空券予約はこちらから♪

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。