スポンサードリンク

中国の世界遺産「兵馬俑」は始皇帝の偉大さの象徴


中国の世界遺産「兵馬俑(へいばよう)」は、
秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納された、
その数5万点余りにのぼる兵士及び馬をかたどったものです。
「兵馬俑」とは、古代中国で死者を埋葬する際に
副葬された俑のうち、兵士及び馬をかたどったものを指し、
秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納された中国の世界遺産
「兵馬俑」はその代表的なものといえます。
中国・西安市より東へ35キロメートル、
驪山(りざん)の北の秦始皇帝陵に隣接する形で存在します。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、
人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
中国の「兵馬俑(へいばよう)」は、秦の始皇帝陵の一部として
1987年に「文化遺産」として登録されました。
「兵馬俑」は、1974年、始皇帝陵から東へ1.5Kmほどの地点で
地元農民が井戸を掘ろうとして偶然見つけたのがきっかけでした。
この地域の住民の話を総合すると、この「兵馬俑」の存在は、
以前から水を枯らす化け物等として、薄々知られていたようです。
この発見によって、地下に2000年もの長きに渡り眠っていた、
「兵馬俑」が遂に日の目を見ることとなったのです。
発掘された兵馬俑の人馬像の造りの精巧さなどからは、
始皇帝の偉大さと権力の絶大さを窺い知ることができます。
「銅車馬坑」や「兵馬俑(埴輪)坑」など、
これまでに5万点余りもの出土品が発見されました。
また、兵士の俑にはどれ1つとして同じ顔をしたものはないこと、
秦の軍隊がさまざまな民族の混成部隊であったこと、
かつての秦の敵国のあった東方を向いて置かれて編成されていたこと、
など、人々を驚かせるような事実が次々に明らかとなっています。
最近では兵馬俑の眠る始皇帝陵の陪葬墓から出土した人骨が
ペルシャ系のDNAと同じ特徴を持つ男性の骨と分析結果が出ました。
始皇帝陵の最も広い1号墓からは戦車なども発掘され、
それ以外にも、統帥部と考えられている2号墓、3号墓があり、
整然と並ぶ数千体もの人馬の群れは世を驚愕させ、
見る側を圧倒させる壮大な迫力があります。
兵馬のみならず宮殿の実物大のレプリカや、
文官や芸人等の傭も発掘されていることから、
来世へと旅立った始皇帝を守るべく配された軍隊
と思われていた兵馬俑は、生前の始皇帝の生活そのものを
来世に持って行こうとしたものでもあった
ということを暗示しているようです。
兵馬俑は、俑に彩色された顔料が酸化することを防止できないことから、
現在は事実上、発掘は停止された状態にあるようです。
発掘された兵馬俑は、博物館で公開されていますので、
是非、この壮大な兵馬俑群をこの目で見てみたいものですよね。
ちなみに、兵馬俑発掘のきっかけとなった井戸を掘った住人は、
兵馬俑博物館の名誉副館長となっているそうです。
日本の兵庫県姫路市の太陽公園では、秦始皇兵馬俑博物館において
発掘された兵馬俑をそっくりそのまま再現して
一般公開されていますので
日本においても本場の兵馬俑の姿をうかがい知ることができます。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。