スポンサードリンク

タージマハルには最愛の王妃の面影を偲ぶ皇帝の想いが


インドといえばタージマハルとイメージされるくらいに
インドの世界遺産・タージマハルはインドを象徴する古代遺跡です。
インドの世界遺産・タージマハルは、インド北部アーグラにあり、
世界でもっとも美しい霊廟と賞される総大理石造の墓廟建築で、
インド=イスラーム文化の代表的建築物です。
世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、
人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものを指します。
世界遺産は「文化遺産」、「自然遺産」、「複合遺産」、
「危機遺産」の4つに分類されています。
「文化遺産」は、優れた普遍的価値をもつ建築物や遺跡など
「自然遺産」は、優れた価値をもつ地形や生物、景観をなどもつ地域
「複合遺産」は、文化と自然の両方を兼ね備えるもの
「危機遺産」は、後世に残すことが困難で、
原爆ドームやアウシュビッツ収容所など「負の遺産」と言われているもの
をそれぞれ指しています。
インドのタージマハルは、1983年に「文化遺産」に認定されました。
ムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628〜1658)は
王妃アルジュマンド・バーヌー・ベーガムを溺愛しており、
第4代皇帝ジャハーンギールは、その第5代皇帝王妃を
「ムムターズ・マハル」(宮廷の選ばれし者)と名づけました。
ムムターズ・マハル王妃は14人もの子供を生みますが、
やがて皇帝より早く36歳の若さで死去してしまいます。
シャー・ジャハーン皇帝は王妃の死を深く悲しみ、
王妃の記憶を永遠に留めるために、王妃の墓廟として
タージマハルが建てられたのです。
それがインドを代表する世界遺産「タージマハル」で、
「タージマハル」という名前は、
皇后の名「ムムターズ・マハル」から変化し
「宮廷の冠」という意味を持つ言葉です。
「タージマハル」の建築は1632年に着手され、
2万人もの職人により22年の歳月をかけて造られました。
全てが白大理石で、細かい彫刻が至る所に施されています。
また、左右対称で均整がとれ、
ムガル建築としての伝統を引き継ぎ昇華させた廟建築です。
敷地は17ヘクタールで、その庭園の中央の池に白大理石の映る廟は、
とても幻想的で美しく、当時の年代記に
「その偉容と美しさは、天上の七つの楽園をも凌ぐ」と記されています。
皇帝はヤムナー川の対岸に自らの霊廟を黒大理石で造り、
タージ・マハルと橋でつなぐ計画であったと言います。
しかしシャー・ジャハーン皇帝は三男によってアーグラ城に幽閉され、
その夢を果たすことはできませんでした。
シャー・ジャハーン皇帝はタージ・マハルを毎日眺めては
涙を流して過ごしたという悲しい言い伝えもあります。
タージ・マハルには現在、年間400万人(うち外国人は20万人)もの
観光客が訪れるなど賑わいを見せています。
環境保護のため付近への車両の乗り入れが禁止されており、
駐車場から入口までは歩くか電動自動車に乗り換えねばなりません。
また、保安上の理由で大きな荷物は入口で預ける必要があります。
シャー・ジャハーンは今、最愛の王妃ムムターズ・マハルとともに、
タージ・マハルに眠っています。
最愛の王妃とともに永眠することが叶った皇帝の想いを胸に、
タージ・マハルを訪れてみるのもロマンがあっていいですよね。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。