スポンサードリンク

エジプトのギザの大ピラミッドは大スフィンクスを従えた世界遺産


エジプトのピラミッドといえば、ツタンカーメン王の呪いとか、
クレオパトラの伝説とか、様々な噂や歴史の裏話も豊富な
古代エジプト文明の象徴の遺跡ですが、
数あるエジプトのピラミッドの中でもギザの大ピラミッドは、
その頂点に位置するものです。
エジプトの世界遺産・ギザの大ピラミッドは、
ピラミッド建築の頂点とされるクフ王のピラミッドで、
世界の七不思議で唯一現存する建造物です。
ギザの大ピラミッドは、
エジプトはギザの砂漠にある三大ピラミッドの一つで、
あのスフィンクスもこの三大ピラミッドに隣接しています。
三大ピラミッドを含むこれらのエジプトのピラミッド群は、
「メンフィスとその墓地遺跡- ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産に登録されています。
世界遺産とは、1972年のユネスコは総会で採択された
「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、
人類が共有し普遍的な価値、後世に残す意味を持つものが
登録されています。
現在、日本では、平安時代末期に、
奥州藤原氏の根拠地となった町として有名な
東北地方の岩手県南部に位置する平泉が世界遺産登録に向け、
盛んに運動を展開しているとニュースで報道されていますね。

さて、エジプトの「メンフィスとその墓地遺跡」から
「ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、
1979年に「文化遺産」 に登録されています。
世界4大文明のひとつであるエジプト文明発祥の地であり、
かつてナイル川の恵を受けた豊饒な大地であったこの地は、
約3000年にわたる古代エジプトの繁栄を支え、紀元前3000〜2500年前後、
エジプト王国ファラオの確立で数多くのピラミッドが建造されています。
ところで、ピラミッドは一般的に「王の墓」と言われているのですが、
実はその真相は定かではありません。
ギザの三大ピラミッドとは、「クフ王のピラミッド」、
「カフラー王のピラミッド」、「メンカウラー王のピラミッド」
のことを指し、現存するピラミッドの中でも特に完成度、
保存状態が優れているものです。
中でもピラミッド建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」は、
建造目的や内部構造の点においても、
世界の七不思議で唯一現存する建造物として慎重されています。
エジプトのピラミッドとして最大規模を誇るクフ王のピラミッドは、
現在の高さ138.74m〔もとの高さ146.59m〕で、
14世紀にリンカン大聖堂の中央塔が建てられるまで
世界で最も高い建築物でした。

また、王家の偉大さのシンボル、ギザの「守り神」として建造されてる
「スフィンクス」ですが、実はピラミッドより200年も前から
エジプトの地に存在しています。
このギザの大スフィンクスはスフィンクスの像で最大最古のもので
全長約73mもあります。
ギザの大ピラミッドは、この大スフィンクスと合せて、
まさにエジプトのピラミッド群を代表するものといえます。
ギザの大ピラミッドは、古代の世界七不思議に登録されていますが、
最近選定された「新・世界七不思議」では、落選しています。
世界七不思議にも、様々な時代や場所、それを選んだ人の違いにより、
いくつかの「世界七不思議」というものが現代に伝えられてきていて、
それらを比較してみるのもまた面白いものです。
いずれにしても、世界七不思議の登録云々は別にして、
このギザの大ピラミッドが世界四大文明の一つであるエジプト文明の
栄華と繁栄をしのばせるロマン溢れる古代遺跡であることに違いはありません。
是非、一度、このエジプトのギザの大ピラミッドを訪れて、
古代文明の叡智を肌で感じ取ってみたいものです。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。